身の回りに潜んでいる!不倫に発展しやすい関係4選

カナウ


身の回りに潜んでいる!不倫に発展しやすい関係4選

不倫をさせないためにも、不倫をしないためにも、まずは不倫に発展しやすい関係を知っておくことも大切ではないでしょうか。

現在不倫と無縁でも、いつ自分が不倫するかもしれませんし、不倫をされるかもしれません。

不倫に発展しやすい関係から、不倫対策を考えていきましょう。

目次

同僚・部下・上司 職場の人は不倫に発展しやすい関係


不倫に発展しやすい関係の中でダントツに多いのが、職場の人です。
多くの時間を共に過ごし、仕事を通して共に苦楽を味わうのですから、恋愛関係に発展しやすいのは当然と言えば当然ですよね。
職場の不倫対策は難しいですが、スケジュールを管理する、お昼休憩や帰宅時間に連絡をする、連絡をしてもらう、余計なお小遣いは渡さない、旦那の職場の人と面識を持つ、「頑張れ」の気持ちと愛情の念がたっぷりつまった愛妻弁当を作るなど、まずは試してみてはいかがでしょうか。

元恋人は不倫に発展する定番の関係


元恋人も不倫に発展する定番の関係です。
連絡先を知っていれば連絡はすぐ取れますし、勝手知ったる仲ですから、知らない女性と関係を一から作るよりも早く簡単に不倫に至れるため、元恋人は不倫に発展しやすいのではないでしょうか。
連絡先を知らなくても、同窓会などで再会した、伝手を頼って連絡先を入手した、というケースもあるため、中には確信犯的に不倫をする人もいます。
顔を合わせると恋人時代の淡い記憶が蘇り、ちょっとした家庭への不満などから心の拠り所として、元恋人を頼ってしまうこともあるでしょう。
スマホを毎日チェックすることも、同窓会に行くなとも言えないため、こちらも対策は難しいですが、根本的な問題である家庭への不満というのをできるだけなくしてみましょう。
元恋人と連絡を取ったとしても、同窓会などで再開したとしても、「この人と別れてよかった。妻と結婚してよかった」と思ってもらえるようなステキな奥様になれれば、一番よろしいのではないでしょうか。
言うは易く行うは難しですが、全てを完璧にできなくても、このような心持ちでいることを心がけていれば、旦那さんはあなたに感謝し、あなたも旦那さんに感謝する関係になれると思います。

保育園や幼稚園の先生と!


昔から聞く話ではありますが、ここ最近多くなっているのが、保育園や幼稚園の先生との不倫です。
昔は妻が送り迎えをし、行事も妻が参加というのが当たり前でしたが、最近は旦那が積極的に子育てに参加するようになり、自然と保育園などの先生と関わる機会が増えました。
それだけが理由とは言えませんが、関わる機会が増えれば、先生と保護者の関係から男女の仲になってしまう確率は必然的に上がってしまいます。
諸々の事情はあるでしょうが、保育園の先生には女性が多いのですから、そのような場所に旦那をほいほいと行かせないようにするのが一番の不倫対策です。
時代とは逆行しているかもしれませんが、女性と出会う機会が減らすことは、不倫対策になりますよ。

ママ友・妻の友達・友達の妻


ママ友や友人と家族ぐるみでお付き合いをしている人もいるかもしれませんが、ママ友や妻の友人や友人の妻と、ダブル不倫をしている人は結構多いです。
先述した通り、関わる機会が増えれば必然的に男女の仲になりやすいというのもあるのですが、同じ子育て世代ですから不満などを共有しやすいというのも、不倫に至りやすい理由ではないでしょうか。
隣の芝は青く見えるもので、女性からアプローチするケースも多いため、「信じていた友人に裏切られた」「ママ友のせいで人生めちゃくちゃ」と嘆くことにならないよう気を付けて下さい。
友達でも一応は目を光らせておき、旦那と友人を長い時間二人っきりにすることがないよう、それぐらいは意識しておいておきましょう。

さいごに


不倫対策とは言っても、不倫に怯えビクビクする、疑心暗鬼になる、過度な束縛をしてしまうなど、このような態度になっては不倫をしていない人も不倫をしたくなってしまいます。
そのため、変に意識する必要はありませんが、現在不倫とは無縁であっても、『明日は我が身』という心がけはあった方がいいと思いますよ。
(瀬戸 樹/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ