ケンカになりたくない...!彼に「生活習慣を直してほしい時」のコツ3選

ハウコレ



2人で暮らしていると、些細な生活習慣の違いなど気になることがあるでしょう。明らかに相手が間違っているなどの場合は指摘もしやすいですが「間違っていると言い切れるほどではないけど、直した方が良いと思うこと」ということもあるでしょう。そうした時、あまりにも強い調子で言うと相手も反発してしまい喧嘩になる恐れがあります。では、揉めずに相手の生活習慣を直してもらいたい時はどのように伝えれば良いのでしょうか。

■自分の希望として言う
たとえば「ドアをもう少し静かに閉めてほしい」などのように個人の好みが大きく反映される場合の要望で「ドアは静かに閉めて!」のように言ってしまうと、自分基準を押し付けているようになってしまう恐れがあります。そのようなものは「もう少し静かに閉めてくれると驚かなくて嬉しいな」のように伝えるようにしましょう。大好きな彼女・奥さんの要望なら、たいていのものは応えてくれるはずです。

■後出しをしない
要望を伝える時は、1度につき1個までにしておきましょう。一気に相手に対して要望を伝えると、相手も混乱してしまいますし窮屈な気持ちになってしまいます。あなただけが相手に対して押し付けているような印象を持たれる恐れもあるでしょう。そうならないよう、一度に言わずに「どうしても伝えたいこと」をその場で伝えるようにしましょう。相手に分かりやすく伝えるのも聞き入れてもらうコツです。

■相手のこだわりを尊重する
相手に何かこだわりがある場合、あなたがどうしても耐えられないということでなければそれを尊重するようにしましょう。たとえばカーテンの色に対して、あなたは「できれば明るい色が良い」という意見で、相手が「絶対に黒じゃないと落ち着かない」と思っているのであれば、相手のこだわりを尊重する方が良いでしょう。重大ではないけれど何か決めなければならない時は、こだわりが強い方を尊重する方が上手くいく場合が多いですよ。

■生活習慣はその人の癖の1つ!強い否定はしないようにしよう
どんなにだらしなく思えても、生活習慣は今までのその人の人生の一部だと言っても過言ではありません。あまりにもあなたが否定しすぎると、相手も面白くない気分になるでしょう。正論であっても相手への刺激は言葉を選んで行うのがおすすめですよ。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ