『MOTHER』×『ニューエラ』 ネスのキャップにSMAAAASH‼︎

アメリカ・ニューヨークで1920年に創業した帽子ブランド「ニューエラ(New Era(R))」と、糸井重里がゲームデザインを手がけた RPG『MOTHER』がはじめてのコラボレーション。『MOTHER2』の主人公ネスがかぶっているベースボールキャップと、戦闘中、いつもよりも大きな力で攻撃すると現れる「SMAAAASH‼︎」の2種類を、オンラインのほぼ日ストア、渋谷PARCO 8Fのほぼ日曜日で開催されるポップアップショップ「MOTHERのひろば」(7月1日~11日)、ほぼ日の直営店TOBICHI(東京と京都)にて7月1日(木)より発売する。

『MOTHER』は1989年7月に発売された任天堂・ファミリーコンピュータ用ソフト。コピーライターの糸井重里が監修し、企画、設定、全シナリオを手掛けたRPGのシリーズ第1弾。アメリカに似た現代的な世界を舞台に主人公たちが仲間とともに、8つのメロディーを集めながら冒険を繰り広げる。音楽はムーンライダーズの鈴木慶一が担当。独特のセリフや世界観がいまなお多くのゲームファンを魅了し続けている。

そしてNEW ERA(R)(ニューエラ)は1920年創設、95年を超える歴史を持つ米国のヘッドウェア&アパレルブランド。メジャーリーグベースボール唯一の公式選手用キャップサプライヤーであり、そのルーツはスポーツにありますが、数多くのブランド、アーティストとのコラボレーションや、新しいスタイル、カテゴリーの商品を生み続けることで、ファッション/カルチャーの領域でも高い支持をうけている。代表モデルであるベースボールキャップのスタンダード59FIFTY(R)を始め、アパレル、バッグなど多彩なラインナップを展開中だ。

今回コラボレーションをしたモデルは、1954年に誕生したベースボールキャップのスタンダード「59FIFTY(R)」と同様のフォルムながら、スナップバッグ仕様でサイズ調整が可能な「9FIFTY TM」。デザインは2種類あり、戦闘中、いつもよりも大きな力で攻撃すると現れる「SMAAAASH!!」の文字をデザインしたブラックベースのキャップと、野球が大好きな『MOTHER2 ギーグの逆襲』の主人公ネスがかぶっている赤とブルーのキャップとなる。

本商品は7月1日(木)午前11時より、オンラインのほぼ日ストア、渋谷PARCO 8Fほぼ日曜日で開催される「MOTHERのひろば」、ほぼ日の直営店「TOBICHI東京(千代田区神田錦町)」、「TOBICHI京都(京都市下京区)」にて発売。

また、2021年7月1日(木)~7月11日(日)渋谷PARCO 8F「ほぼ日曜日」で開催される「MOTHERのひろば」では、『MOTHER2』に登場したあの青い街の怪しげな市場のような場所にたくさんのMOTHERグッズを並べてみたり、あるいはあの海辺の秘密クラブみたいなところで意味もなく石を眺めてみたり‥‥と、ほどよく再現された『MOTHER』の世界で買い物を楽しむことができる。
詳細は6月中旬に「ほぼ日曜日」のページにて発表、こちらもお楽しみに!

>>>『MOTHER』×『ニューエラ』キャップデザインや着用イメージを見る(写真3点)

(C)SHIGESATO ITOI / Nintendo (C)HOBONICHI

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ