小島瑠璃子「人生の時間に、タイムリミットを感じながら生きている…」怒らずに生きる持論を展開

TOKYO FM+

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。6月7日(月)の放送では、“怒りがプラスになった出来事”をシェア。さらには、ゲストに小島瑠璃子さんが登場しました。



小島瑠璃子さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈

世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“怒り転じて福となす!”。できれば怒りたくないものの、怒らざるを得ないのが現実。ただ、怒りはときとして何かの原動力になることも……そこでこの日は怒りがプラスになった出来事を聞いてみました。

リスナーからは、「高校時代、先生に志望していた大学は受からないと言われた。その悔しさをバネに勉強した結果、なんとか合格」「小学生の頃、兄に何1つ勝てなかった私は、得意の書道を極めようと決意。中学時代は県内トップになり、誇れるものに」「就活のとき、当時は超氷河期で持病もあった私は書類選考で落とされ、勝負させてもらえない現実にイライラしたが、就職活動をやめて資格取得から独立開業へ。それから25年、今は個人事務所を経営し、毎日が楽しい。就職に惑わされたおかげで天職にめぐり逢えた」などポジティブなメッセージが続々と届き、れなちは「スゴい、スゴいよ~」と感動しきり。

そのほか、「当時小学1年生だった娘に『タバコをやめる』と伝えたら、『どうせ隠れて吸うんでしょ』と言われ、そのひと言のおかげで何かに頼ることなく禁煙できた。今では娘に感謝」「仕事でミスをすると怒りが込み上げてくるが、その怒りに耐え、なぜそうなったのか、どうすればよかったのかを考えるきっかけと捉えることで、今後の業務改善につながり福と成す」といった意見も。

さらには、「めっちゃムカついたときは、開かなくなっていたジャムの瓶の蓋が簡単に開く」「カップ焼きそばをめぐって親とケンカ。その後に焼きそばを食べたら、怒りからの落差のせいか、めちゃくちゃ美味しく食べられた」「学生時代、他校の生徒と大ゲンカになったが、それ以来彼らと仲良くなり、今では大事な友人に」などさまざまなメッセージが寄せられました。

そして、最後には「『私は失敗したことがない。ただ、うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ』。失敗したときに大事なことはそこから何を学ぶか。エジソンの言葉を思い出し、しみじみと感じた」というメッセージも。これにれなちは、「失敗をしたことは何回もあるけど、失敗を糧にして、エネルギーにして次に進もうと思える、(失敗を)福とできる人は大人だなと思いますし、かっこいいと思います。自分もそうなれるように頑張っていきたい」と誓っていました。

この日のゲストは、“こじるり”こと小島瑠璃子さん。あまり怒っているイメージのない小島さんですが、それは母親譲りだそう。また、そもそも怒ることが嫌いらしく、そのうえ怒りの消し方もたくさん持っていると言います。その1つが「お酒を飲んで寝ること」。すると、れなちも「私も美味しいものを食べて寝れば機嫌が直るタイプ!」と共感します。

さらに、小島さんは「人生の時間に、タイムリミットを感じながら生きている。怒っているとその時間がもったいない。無駄になってしまうから、そこじゃないところにエネルギーを割いている」と持論を展開すると、れなちも納得の様子。なんとも似たもの同士の2人でした。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年6月15日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ