iCloud+のSafariは2カ所を経由してIPアドレスを隠してくれる #WWDC21

210608-0635
Image: Apple

徹底してる。

ふつう、ブラウザでサイトにアクセスすると、自分のIPアドレス(だけでなくほかの情報も)がサイト側のサーバーに伝わります。すると、サイトを何度か訪れるうちにサイト側があなたをあなただと認識することができたり、位置情報が分かったりするので、その情報が知らぬ間にプロモーションや広告に使われます。

今日発表された、iCloud+でしか使えないSafariの「プライベートリレー」はIPアドレスを匿名化し、通信内容も暗号化してくれる機能です。

この機能はAppleとサードパーティ(第三者の企業)のサーバーの2者を経由することで実現しています。

経路のイメージ

[Safari] - [接続しているネットワーク] - [Apple] - [サードパーティ] - [サイト]

なぜ2者を経由するの?

Appleによれば、どうやらサイトを閲覧するのに必要な「接続元のIPアドレス」はAppleにしか残らず、「接続先のWebサイト名」はサードパーティにしか残らないようにしながら、Safariとサイト間をリレーをするように仲介するのだそう。SafariのIPと接続先を同時に持つ者は本人以外にいない、つまりAppleですら僕らがどのサイトにアクセスしているかはわからないようにしたのだとか。

サイト側にはサードパーティのIPが伝えられるので、自分のIPが伝わることはありません。

いっぽう、接続しているネットワークの管理者からみると、SafariはAppleに接続しに行っているようにしか見えないはず。

このようにIPアドレスによる痕跡(フィンガープリント)がサイト側やネットワークに残るのを防ぐ方法は、他社からもVPNやプロキシサービスとして提供されてきました。でもiCloud+の「プライベートリレー」の嬉しいところは、これまでのiCloudの月額費用のままこの機能がついてくること。めちゃくちゃお得ですよこれ。

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ