小林礼奈「私は一般人なのに」 人気ラーメン店でのトラブルからの炎上に疲弊

お笑いコンビ・流れ星☆の瀧上伸一郎の元妻でフリーで活動している小林礼奈が、ブログで「あーなんかもー疲れちゃった」と愚痴をこぼした。6月5日のブログに「酷い話だよ」と題して投稿した記事が波紋を呼び、ネットを中心にざわついているからだ。小林本人は、自分のブログがここまで反響を呼ぶとは思っていなかったらしい。

『オフィシャルブログ「小林礼奈のブーブーブログ」』によると、ことの発端は6月4日の19時すぎに4歳になる娘の習い事が終わり、あるラーメン店を利用したことから始まる。この店は、小林礼奈が結婚前から通い詰めており、2015年7月のツイッターでは「週2で行ってる」と明かしていたほどだ。この日は15分ほど待ちテーブル席に着いたが、娘が熱いラーメンを食べるのに時間がかかり、30分ほど経っても3分の1が残っていたそうである。するとテーブル席が空くのを待っていた子ども連れの親から「遅えよ」と文句を言われ、店員からも「次の方たちが待っているので…」と急かされたと綴っている。小林は「久しぶりに好きなものを食べて、楽しく外食していたのに、すごく嫌な気分になった」と言い、食べている途中にもかかわらず店を出たそうだ。

ブログの読者からは「本当に呆れた酷い話ですね。お店もその客もあり得ない」「同じ子連れなのに、ひどい…待てない人なんでしょうね。そんな人は人気店に来ちゃダメですね」など、ほとんどが小林に同情的なコメントが届いていた。しかしネット上では「常に行列ができている人気店で、ラーメン1杯に30分以上かかる子供を連れて行ったのが間違いだったのかもしれませんね。嫌な客と居合わせてしまった可能性もあるけど、店員まで言うということは何かしら理由があったんだと思います」、「時短で20時までのお店に19時過ぎに入って、30分かけてゆっくりラーメン食べるの? 他の方のコメントを見ると、そのお店は席も少ないみたいだし、そんな所で閉店間際で写真撮りながらダラダラ食べていたら、そりゃ待っている人もイライラするし、お店からも文句も言われるのも当然では?」など批判的な意見で溢れ、炎上状態になってしまったのだ。

すると小林は、6日のブログで「プロフェッショナル並みな、必要最低限な写真の撮り方してますよ。職業だからこそね」と撮影に時間をかけてはいないと説明し、「まあ 私を悪にして楽しむなら楽しめばいいよな」と批判に対し呆れたような感想を述べていた。

だが6月8日のブログでは「あーなんかもー疲れちゃった」、「叩かれるのも疲れる。私一般人なんだけどな」となかなか炎上状態がおさまらないせいか、小林礼奈は不満をあらわにした。彼女は昨年5月4日のブログで前事務所の退所を報告し、「これからはフリーで活動していきますので、お仕事のご依頼などお気軽にこちらにご連絡お待ちしております!」と自身のメールアドレスを記して現在も掲載されていることから、一般人とは思っていなかった人も多いだろう。いずれにしても注目度が高いアメーバブログの「芸能人・有名人」部門の公式ブロガーである以上、大きな影響力があることを自覚する必要がありそうだ。

画像は『小林礼奈 2021年6月2日付オフィシャルブログ「お仕事」、2021年6月5日付オフィシャルブログ「酷い話だよ」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ