現金を隠すキャッシュレス財布。小銭は真ん中の隠しポケットに【今日のライフハックツール】


キャッシュレスとはいったものの、まだまだ現金を使うシーンも多いです。

普段は現金を意識せず、いざという時はしっかり現金で対応できる「現金が隠れる長財布」なら、キャッシュレス時代にぴったり。

機能的な財布でおなじみ、Bellroyの『Folio』を紹介します。

「ほぼ」左右対称の作り

wallet_folio_20210526_03
Photo: 西村おきな

『Folio』はラウンドファスナー型の長財布。

外装の革は1枚続きになっていて、まさしく「folio(2つ折)」。

ファスナーはOOK製で、角の部分も含め、引っかかりを感じない滑らかな開閉ができます。
wallet_folio_20210526_01
Photo: 西村おきな

カードスロットは10個と少し多めで、真ん中のしきりを挟んで片側に4つ、もう片方に6つ。

左右で収納枚数が違うので、カードを直感的に探しやすいです。

スキミング防止のRFID保護もあり、セキュリティもばっちり。

紙幣はいちばん外側に

wallet_folio_20210526_02
Photo: 西村おきな

それからマチ付きのフリースペースが2つレシート領収書の管理がラクにできます。

紙幣は折らずに、いちばん外側のポケットに入れます。

ポケットは9枚の紙幣を入れても、上の画像のように収まる深さがあります。

カードより外側にあることも相まって、普段はあまり紙幣の存在を感じません

小銭は見えない真ん中ゾーンに


開いた状態から、さらに開くように軽く力を入れると…この通り!
wallet_folio_20210526_07
Photo: 西村おきな

マグネット留めの小銭用スペースが現れます。

内部のスペースをたっぷり使っているので、小銭が重なりにくく、かさばりません

ちょっと多めのお釣りも流し込むように入れられるので、もたつく心配もなし。
wallet_folio_20210526_04
Photo: 西村おきな

仕切りこそありませんが、サイドも開くので財布本体を傾けることでトレーのような使い方ができ、目的の小銭もすぐ見つかります。

大きなキャッシュレス財布


キャッシュレスを意識したコンパクトな財布だと、紙幣が丸見えだったり、曲げないと入れられなかったり…。

コイン用のスペースも最小限で、扱いもラクとは言えません。

今回紹介した『Folio』なら、普段は現金の存在感を抑えつつも、現金とキャッシュレス両方をスマートに使いこなせます。
Folio(カード10-14枚程度、紙幣を折らずに収納できる札入れ2つ、取り出しやすいマグネット留めのコインポーチ、スマートフォン) - Black
Folio(カード10-14枚程度、紙幣を折らずに収納できる札入れ2つ、取り出しやすいマグネット留めのコインポーチ、スマートフォン) - Black
23,000円


Source: Bellroy

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ