さまぁ~ず、お笑いの仕事を隠していた過去「優等生の芸人がいなかった」

fumumu


さまぁ~ず7日放送の『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)にて、MCを務めるお笑いコンビ・さまぁ~ずが「お笑い芸人の仕事」を隠していた過去を明かしました。

■“昔と今のお笑い”の違い


お笑いコンビ・見取り図をゲストに迎えた本番組。”昔と今のお笑い”の違いについてトークを展開していきます。

見取り図・盛山晋太郎さんは「僕らは15年目なんですけど…。僕らが学生のときは勉強ができないと、親に『あんた吉本に行き!』と言われていた最後の世代なんです」と話し始めます。

続けて「でも今、NSC(タレント養成所・吉本総合芸能学院)の1年目の子を見ると、元弁護士とか元東大とかザラにいる」と語ると、大竹一樹さんは「もったいないね、お笑いやってるのが」と本音をもらします。

さらに、盛山さんは「昔は高校を卒業して(お笑いを)始めるイメージ。今は何かを経て、30歳くらいから始める方が多い。さまぁ~ずさんの時代とどう違うのかと思って」と尋ねます。

関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

■「優等生の芸人はいなかった」


それに対し、大竹さんは「いい大学出て、頭のいい人だったりするもんね」と、現在の芸人の資質に同意しつつ「優等生みたいな芸人は、俺らの頃は1人もいなかった。知らないだけかもしれないけど、いなかったと思う」と振り返ります。

続けて「お笑いは『お前ダメだな』だから」と、ダメな部分をイジることが面白いことを主張。

「頭のいい人がボケても『そうかもね』ってなる」と、見ている人は納得してしまうそう。「(『ドラえもん』の)出木杉君がボケたら『そういうのもあるんだ。俺が間違えてるんだ』ってなる」と、説得力のほうが勝ってしまうと述べました。

「ダメなヤツだからこそ」と言う大竹さんの発言に、三村マサカズさんは「ダメなヤツ同士でのツッコミもどうかと思うね。『ツッコんでるけど、お前合ってる?』って」とツッコむと一同は爆笑の渦に。

■「何、その仕事…って」


する、大竹さんが「バカにされるというか、お笑いは下の方だったから。お笑いなんか、あまり東京にはいなかった。だから、お笑いをやっていることを隠していた」と告白。

「恥、ということですか?」と驚く盛山さんに、大竹さんが「恥ずかしい。『何その仕事?』って。仕事じゃなかったもん」とうなずくと、スタジオは静まり返りました。

さらに「今は仕事としてチョイスされるけど、仕事という意識はなかった」と語る大竹さんに、三村さんは「漫才ブームがあったけど、そのあとは何もない。お笑い番組もない。誰みたいになりたいというのもなかった」と回顧。

その言葉に、見取り図の2人からは「へえ…」と驚きの声が上がりました。

■「今は人気商売だもんね」「大阪のイメージ」


今回の放送を受け、ネットでは「芸人は今は人気商売だもんね」「お笑いって大阪のイメージ」「そういや東京にテレビ芸人はそんなにいなかったな」「大学進学率も変化してるしなぁ」「昔は、東京に来るのは大卒の人みたいなところはあったな」「お笑いはダメなヤツの特権であってほしい」など、多数のコメントが寄せられています。

・合わせて読みたい→ひろゆき氏、尾身会長を批判する茂木健一郎氏に反論 「間違ってますよ」

(文/fumumu編集部・汐入実花)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ