アニメ『すばせか』第9話ネク&ビイトの名コンビ爆誕! 2人の活躍に「アツイ」「最高」

まいじつ

アニメ『すばせか』第9話ネク&ビイトの名コンビ爆誕! 2人の活躍に「アツイ」「最高」

アニメ『すばせか』第9話ネク&ビイトの名コンビ爆誕! 2人の活躍に「アツイ」「最高」 (C)PIXTA

スクウェア・エニックスの人気ゲームを原作としたアニメ『すばらしきこのせかい The Animation』(TBS系)の第9話『ライムとビイト』が、6月4日に放送された。これまで衝突しあってきたネクとビイトの絆を描いたエピソードに、ネット上で大きな反響が巻き起こっている。

※アニメ『すばらしきこのせかい』最新話の内容に触れています


3周目の死神ゲームにて、ビイトとパートナー契約を結んだネク。ある日ビイトは、自分と元パートナー・ライムとの関係について語っていく。ライムは彼の妹であり、リアルグラウンドで交通事故に巻き込まれて一緒に死亡してしまったという。

ビイトはアンダーグラウンドでふたたび妹を失い、意気消沈している様子。そこでネクは、「俺はお前のバカを信用してる」「バカらしく、前だけ見てろよ」と声をかける。ビイトは不器用なネクの言葉に元気を取り戻すと、拳を突き出してグータッチを交わすのだった。

その後、2人は死神のカリヤ&ヤシロと遭遇。自分たちと戦えば、「ライムの魂を返す」という条件を告げられる。そしてスクランブル交差点にて、2対2のバトルが繰り広げられることに…。

ネクとビイトは巧みなコンビネーションによって攻撃を仕掛けるが、幹部クラスの実力をもつカリヤの牙城は崩せない。しかし窮地に追い込まれると、「これくらいで負けてたまるか」「おう!」と息を合わせ、タッグ技の〝大津波〟によって逆転に成功する。

https://platform.twitter.com/widgets.js

“名コンビ”の誕生に興奮の声


ビイトは1周目の死神ゲームから付き合いのある仲間だが、当初のネクは心を開いていなかった。また2周目ではビイトが死神となり、ネクたちと敵対する関係性に。今回ようやく2人がパートナーとなったが、何度もぶつかり合ってきたからこそ、真の友情が芽生えたのだろう。

思わず胸が熱くなるような展開に、視聴者たちは《ネクとビイトのコンビめちゃくちゃアツイ友情で好き…》《熱血ビイトの勢いに引っ張られつつ、止めるとこは冷静に止めるネク君の凸凹コンビ最高だよなぁ。連携技カッコよかった》《やっぱりネクとビイトは相棒感あって良いな~》《ビイトとネクの友情良いよなあ。序盤のツンツンなネクからの成長がすさまじい》《ビイトとネク、もう完全にダチですよ》と熱狂しているようだ。

ネクは1周目でシキ、2周目でヨシュアとパートナーになったが、いずれも切ない別れを経験している。戦闘シーンを見るかぎり、ビイトとの相性は抜群のようだが、はたして無事にゲームクリアすることはできるのだろうか。ますます混迷を極めていく「死神ゲーム」の行方から、今後も目を離せない!

文=猿田虫彦

【画像】

Stock Images / PIXTA

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ