梶裕貴・福山潤から、那須川天心・朝倉海・堀口恭司まで! 岡田准一主演『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』を語る著名人コメントが到着 

SPICE


6月18日(金)公開の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』をいち早く鑑賞したミュージシャン、俳優、格闘家ら著名人のコメントが到着した。

『ザ・ファブル』は、『週刊ヤングマガジン』連載で連載されていた南勝久氏による同名漫画を岡田准一主演で実写映画化した作品。ひょんなことから大阪で一般人として生活することになった伝説の殺し屋“ファブル”の日常生活を描いた物語で、シリーズ第一弾の実写映画『ザ・ファブル』は、2019年6⽉21⽇(⾦)に劇場公開された。

シリーズ第二弾の『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』では、ファブル/アキラが、ボスからの命令「誰も殺すな。普通に暮らせ」を守りながら、相棒のヨウコと兄妹のフリをしながら平和な毎⽇を過ごしていたところに、新たな危険人物が現れ、街全体を巻き込む騒動に発展していく。前作に引き続き、主人公のアキラ/ファブルを岡⽥准⼀が演じるほか、ファブルの妹として⼀般社会に潜⼊する相棒・ヨウコ役で⽊村⽂乃、ファブルをプロの殺し屋に育てたボス役で佐藤浩市、アキラのバイト先のデザイン会社社⻑・⽥⾼⽥役で佐藤⼆朗、バイト仲間で親の借⾦返済のために働くミサキ役で⼭本美⽉、裏社会の組織でファブルの世話⼈を請け負う真⿊カンパニー社⻑・海⽼原役で安⽥顕、海⽼原の部下でファブルを慕うクロ役で井之脇海ら前作からのキャストが再集結している。さらに、ファブルから唯⼀逃げ切った男・宇津帆役で堤真⼀が登場。新ヒロイン・ヒナコ役で平⼿友梨奈、宇津帆の右腕の凄腕殺し屋・鈴⽊役で安藤政信も参戦。前作に引き続き、江口カン監督がメガホンをとり、アクション監督を『牙狼-GARO-』の横山誠氏が務めている。


本作を鑑賞してコメントを寄せたのは、ポルノグラフィティ・岡野昭仁、THE ORAL CIGARETTES・山中拓也らミュージシャンや、梶裕貴、福山潤ら声優、真木よう子、滝藤賢一といった俳優のほか、朝倉海、堀口恭司、那須川天心らプロの格闘家まで様々な分野で活躍する面々だ。公式サイト( https://the-fable-movie.jp/comment2.html )には、70名を超える著名人の言葉が掲載されている。

以下は、公式サイトより抜粋したコメント。

ポルノグラフィティ・岡野昭仁(ミュージシャン)


前作以上の狂気。

今まで観たことないアクションシーンを作り上げた狂気。

その中で悲哀に満ちた人間模様を演じるキャスト陣の狂演。

胸打たれました。

よゐこ・有野晋哉(芸人)


アクション映画で僕が楽しみなのは、

見たことないアクションシーンが見たいのです。そこで戦うの!?

って足にギューって力が入っちゃうシーンがあって面白かったです。

梶裕貴(声優)


誰よりも器用で不器用な男、佐藤アキラ。

初めて作品に触れる方も、映画を観終わる頃には、

間違いなく彼のことが好きになっているはず。

魅力的な俳優陣の皆さんのお芝居に、

とても心動かされました。最高でした。

アクション映画としてはもちろん、人間ドラマとしても、

見応え抜群の130分間です。

福山潤(声優)


前作を観てからずっと期待してた。

期待はしてたけど、これ程までとは想像してなかった!

ここまでやるか!?っていう度肝を撃ち抜くアクション!

原作ファンも唸るストーリーとキャラと演技!!

極上です。

真木よう子(女優)


突っ込み所が一切見当たらないアクションに圧巻。

世界規模でもトップレベル!!

自身が呼ばれなかった事に歯を食いしばる。

滝藤賢一(俳優)


毎度毎度、度肝を抜くアクションだな!

もはやトム・クルーズ様か岡田准一様かのレベルだな!

今回もすこぶる爽快なエンターテインメントで、大満足です。

髙橋ヒロシ(漫画家)


南勝久先生ってね、天才なんですよ。

その南先生の描くザ・ファブルの映画化。

面白くないわけがないですよ。

ザ・ファブル最高です。

セレッソ大阪 大久保嘉人(プロサッカー選手)


ドキドキの展開の中に笑いあり!

そして人間の弱さ、脆さ、

その根底にある強さに心揺さぶられました。

片岡愛之助(歌舞伎俳優)


ファブル、仲間、そして敵…

すべての登場人物が魅力的な映画。

こんなに心温まるアクション超大作は『ファブル』だけだと思います。

大好きな作品です。

ナオト・インティライミ(シンガーソングライター)


見終わったほんとに直後にこれを書いてます。

バクバクしています。

とてもバクバクしています。

このコロナ禍なかなか心を動かすことがなかった中で、

究極の愛と恩と情と憎しみと。。

もういろんな感情が交錯しすぎて、やはりバクバクしています。

棚橋弘至(プロレスラー)


あっという間。

それだけ物語に引き込まれていたということでしょうか。

悪役が悪すぎる。主人公達が色々背負いすぎている。

佐藤二朗さんの役回りが良すぎる。

岡田さんはカッコ良すぎぃーー!続編希望です!

LiLiCo(映画コメンテーター)


前作から更にパワーアップ!キャストにわくわくした!

アクションとユーモアと切なさの間を縫うように

絡み合う人間ドラマ!

ツボをいっぱい刺激されました!

シシド・カフカ(アーティスト/女優)


逃さず見たい でも痛そうで見たくない でも目が離せない!

佐藤の知らない「普通」が普通なのか、

佐藤の知る「普通」が普通なのか?

アクションとスリルとユーモアと。

全ての熱量が迸る濃厚な時間

NON STYLE・井上裕介(芸人)


スタートから、とんでもないアクションの数々。

この映像を見せられて、ドキドキするなって言う方が無理でしょ!

そして、笑いとシリアスのバランスが絶妙。

心からスカッと出来る最高純度のエンタメ作品が、ここに!!

THE ORAL CIGARETTES・山中拓也(ミュージシャン)


岡田准一さんのアクションシーンが今回も素晴らしく、

特に団地のシーンには驚かされました。

前作はアクションシーンの印象が強かったのですが、

今回は堤真一さんの役作りも秀逸で

しっかりとストーリー自体を楽しめました。

皆さんも是非ご覧下さい。

那須川天心(キックボクサー)


今回もど派手なアクションの数々で

ワクワクしましたし、

笑って、泣けて、最高でした!

是非僕もファブルと戦ってみたいですね!!(笑)

朝倉海(総合格闘家)


ど迫力のアクションに興奮して時折笑いで

心を落ち着かせてくれる緊張と笑いを

交互に楽しめる贅沢な作品でした!

そして戦闘シーンで使われてた

格闘技の寝技の技術が最高でした!

堀口恭司(総合格闘家)


アクションが爽快で、笑い、感動もあり

展開がすごく面白かったです!

喜怒哀楽のある作品でした!

坂口拓(現代忍者)


前作より更に殺しの技が冴まくるファブル!!

団地でのアクションは必見!!

※コメントは順不同

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は6⽉18⽇(⾦)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ