加藤浩次、男性の育休取得に訴え 「この人たちが変わっていかなきゃ」

しらべぇ




8日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で男性の育休制度について特集。加藤浩次が、上司となる世代の人々に向けて「変わっていかなきゃいけない」と訴えた。

■男性の育休取得


男性社員が仕事と育児を両立できるよう、育休取得を促す改正育児・介護休業法が全会一致で可決・成立。産後8週間で最大4週間取ることができ、1歳になるまでも分割して2回取得できるため、計4回に分けて取ることもできる。

厚生労働省によれば、2019年度の育休取得率は、女性の83.0%に対して男性は7.48%。番組のアンケートでも「取ってない。そんな余裕はなかった」「仕事の仲間に迷惑がかかる」と育休に消極的な男性が多い現状がどう変わっていくのか注目だ。

関連記事:高橋真麻、子供の入園式で見た光景に驚き 「浸透しているのだな」

■上の世代の「アップデート」が必要


育休を取得したいと考える男性の中には、会社の環境、上司・同僚との関係など、職場の“空気”を気にして踏み切れない男性も少なくない。こうして問題について、加藤は「だからさ、男は『24時間戦えますか』って言ってたんだから。そういうおじさんだとそうなっちゃうのよ」とコメント。

従業員が自分や配偶者の妊娠・出産を届け出た際に、企業が育休取得の意思があるかを確認することが義務付けられるが、「『取りますか?』って言う人がそういう人だったら取りづれえぜ? って話はあるよね。聞く方も大ごと」とし、上司となる世代の人々についても「この人たちがアップデートするというか、変わっていかなきゃいけない」と訴えた。

■加藤の発言に称賛の声


育休に対する意識を変えていなければならないという加藤の発言に、SNS上では「加藤さんが言うように、聞く側がアップデートしないと育休取れない」「取りたくても『男が取るのかよ』って空気じゃ取りにくいもんね」「言いたいこと言ってくれた」と称賛の声があがった。

一方で「こういう特集見てほしい人は、この時間家に居なくて伝わらない」「この時間は会社の上司も、社員も仕事中…」との声も。この特集が放送されていたのは朝9時台だが、働く人たちが帰宅する夜の時間帯で特集すべきとの意見もみられている。

■「夫の職場」に対する妻の本音は…


夫婦揃って育児をするのが当たり前の時代にもかかわらず、職場の空気感が男性の育児参加の障壁になっているケースは珍しくない。

しらべぇ編集部が全国20~60代の既婚女性438名を対象に実施した調査では、全体の33.6%が「夫の職場は男性の家事・育児への理解が薄い」と回答。少数派ではあるものの、家事や育児などに理解を示してくれない夫の職場に不満を抱いている女性は少なくないようだ。



特集の最後で加藤は、「政治でも企業でも業界でも、全部が上の人たちの意識が変わらないんだよね。変えましょう」と再度呼びかけていた。

・合わせて読みたい→30代女性の9割が「ミルク育児に賛成」 愛情があればどちらでも…

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日~2019年10月22日
対象:全国20代~60代の既婚女性438名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ