“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの半生を映画化 ジェシー・アイゼンバーグら出演

 “パントマイムの神様”マルセル・マルソーの半生を描く映画『RESISTANCE(原題)』が、邦題を『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』として8月27日に公開されることが決定。併せて、マルセルにふんするジェシー・アイゼンバーグの姿を捉えた場面写真が公開された。

2007年に84歳で亡くなるまで、世界中の俳優やミュージシャン、ダンサーたちに影響を与えた<パントマイムの神様>マルセル。若かりし頃は、第二次大戦中にナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべくレジスタンス運動に身を投じ、123人のユダヤ人孤児を救っているが、マルセルはその活動内容を自ら語ることなくこの世を去っている。

本作は、かつての活動仲間でもあった従兄の証言や膨大の資料をもとに、マルセルの知られざる半生を明らかにした作品。エンターテイメント史に類いまれな足跡を刻んだ彼が、なぜナチから命がけで子供たちを守ったのか、実体験に基づく感動の物語が描かれる。メガホンを取るのは、ポーランド系ユダヤ人で、ベネズエラで最も著名な映画監督であり脚本家・ベストセラー作家でもあるジョナタン・ヤクボウィッツ。

マルセルを演じるのは、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネートされたジェシー。自身もユダヤ人で、母親がプロの道化師だったという生い立ちを活かし、アートにのめり込み自分を表現することしか興味がなかった青年が、傷ついた子供たちとの出会いを経て人間味豊かな魅力的な人物に変わっていく姿を生き生きと演じる。そのほか、マルセルが恋心を抱くエマ役をクレマンス・ポエジー、ナチのクラウス・バルビー親衛隊中尉役をマティアス・シュヴァイクホファーが演じ、エド・ハリスがアメリカ陸軍大尉ジョージ・S・パットン役で出演する。

解禁された場面写真には、ナチに親を殺されたユダヤ人の子供たちにパントマイムで笑顔を取り戻そうとするマルセルの姿が写されている。パントマイムを演じているマルセルの印象的な後姿、マルセルの背後に写るナチのハーケンクロイツ旗、そしてパントマイムに夢中になって次第に子供たちの表情が明るくなっていく刹那が切り取られた印象的な3枚となっている。

映画『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』は8月27日全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ