柏木由紀、難病の手術で休養へ たかみなに「元気に30歳の仲間入り」宣言も

fumumu


柏木由紀

ABK48の柏木由紀さんが、自身の公式ツイッターを更新。国の指定難病となっている「脊髄空洞症」の治療のため、一定期間休養することを発表し、応援の声が集まっています。

■10万人に1人といわれる難病に


柏木さんは、3日に放送されたテレビ番組『主治医が見つかる診療所 芸能人“お悩み解決”人間ドックSP』(テレビ東京系)で、人間ドックを受信したところ、10万人に1人といわれる「脊髄空洞症」の疑いがあることが判明。

その後、自身のYouTubeチャンネル『ゆきりんワールド』の中で、手のしびれがあることを明かしつつ、「一刻を争う事態ということでもないですし、命に別条はないんです」「早めに見つかったから治療して治せる」と発言していました。

関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

■早期手術と治療のため休養


8日には、公式サイトにて、「先日放送された番組内にて、柏木由紀が『脊髄空洞症』であることが判明いたしました。協議の上、大事をとり早期手術と治療のため、一定期間の休養をいただくことをご報告申し上げます」と休養を報告。

さらに、7月7日、7月8日に予定されている柏木由紀ソロコンサート『寝ても覚めてもゆきりんワールド』と、8月31日に予定されているWACK所属7グループとのコラボシングルのリリースは延期となることを明かし、医師の指導のもと、身体に負荷がかからないと判断された仕事は継続する意志を表明しています。

■元AKB48の高橋みなみさんも応援


柏木さん本人も8日、ツイッター上で「『脊髄空洞症』の治療についてです。気持ちは元気なので安心してください」と発言し、休養報告文へのリンクを添付。

悔しい思いを吐露しつつも、「今まで以上に元気な姿をおみせできるようにしたい」と、前向きな言葉をつづっています。

元AKB48の高橋みなみさんも、「お休みするのは勇気がいることだと思うけど、健康第一! 今は自分の身体のことを1番に考えて治療に専念してね。ゆきりんが頑張ってきたことは皆んなわかってるから!! 寝ても覚めてもゆきりんワールド!! 元気な三十路ゆきりんを待ってます」とエールを送っています。

■たかみなが「三十路の世界」で待っている


元チームメイトの高橋さんの励ましを受けて、柏木さんも「たかみなさんありがとうございます! 早く治して元気に30歳の仲間入りします」と笑顔の顔文字付きで返信。

7月15日に30歳の誕生日を迎える柏木さんですが、高橋さんは「早めに三十路の世界で待機してます! みそみそー」と呼びかけており、2人のかわいらしいやり取りにも「いいね」が集まっています。

★柏木由紀さんのツイッターはコチラ

・合わせて読みたい→ひろゆき氏、尾身会長を批判する茂木健一郎氏に反論 「間違ってますよ」

(文/fumumu編集部・星子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ