東北 カミナリ雲が通過中 午後9時頃にかけて雷雨や突風に注意

日直予報士

8日午前11時5分現在、発達したカミナリ雲が秋田県から岩手県を通過中です。東北は大気の不安定な状態が続くため、今夜9時頃にかけて局地的な強い雨や落雷、突風などに注意が必要です。

●今夜9時頃にかけて 局地的な強い雨や落雷などに注意

東北地方は8日昼過ぎにかけてにわか雨の範囲が広がって、局地的には雷雨の恐れがあります。雷雨が起こりやすいのは午後3時頃までの所が多くなりそうですが、東北北部3県を中心に(特に秋田県・岩手県の山沿い)いったん雨が収まっても、今夜9時頃までは天気の急変に注意を続けてください。

●カミナリ雲が近づく時は

カミナリ雲が近づく時にはこんなサインがあります。「空が急に暗くなる、ゴロゴロと雷の音がする、急に冷たい風が吹く」などです。こんな異変を感じたら、短時間の強い雨や落雷のほか、場合によっては竜巻などの激しい突風が起こる恐れもあります。頑丈な建物の中で過ごすようにしてください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ