福井晴敏(構成・監修・脚本)×皆川ゆか(脚本)-『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』- これから先に作るシリーズをスグに観れる昇降階段のようなものを作りたい

Rooftop

真田という人間を介してみた古代兄弟の話
──『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択(以下、ヤマトという時代)』を作るに至った経緯を伺えますか。

福井:ファンはみんなBlu-rayを持っているじゃないですか。そんな今の時代に総集編を作るということにどれだけの意味があるだろうという思いもあったんです。

──そうですね。配信もありますから観ることは難しくない時代ですね。

福井:なので、作るのであればこれから『宇宙戦艦ヤマト(以下、ヤマト)』に触れる人が、これから先に作るシリーズをスグに観れる昇降階段のようなものを作りたいと思い、『ヤマト』の世界に至るまで、それこそ私たちの現代社会から地続きに捉え直すドキュメンタリーとして作ろうと考えたのが第一歩です。

──今作に皆川(ゆか)さんが参加されることになったのは何故ですか。

皆川:私も『ヤマト』が好きなので、以前から福井(晴敏)さんに「チーム福井に入れてよ。」と言っていたんです。そんな中で「総集編をやるんだよ。」というお話を聞いて「どういう風にやるんだろう。大変だな、誰が脚本をやるんだろう。」と思っているなか「真田(志郎)の資料をまとめて欲しい。」という依頼を受けて『宇宙戦艦ヤマト2199(以下、2199)』『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち(以下、2202)』の真田の心の軌跡・その時の物語の流れをまとめた資料を作って持って行ったんです。そうしたら「今日、何で呼ばれたかわかる。」って聞かれ「わからないです。」と答えると「脚本をやってよ。」と誘われて脚本をやることになりました。

福井:『小説 宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』をお願いした際、『2199』『2202』をカット単位で全部ばらして、どこでどんなセリフを言ったかスグにわかる資料を作ってらしたんです。それだけ作品を理解している方なので、皆川さんのお知恵をお借りしないとダメだなという思いは最初からありました。お願いした資料を見ると「これだけ理解されているなら皆川さんが書けばいいじゃん。」という思いに至ったんです。

皆川:嵌められたんです(笑)。

既存1.jpg

──いい仕事すぎたんですね(笑)。ちなみにどんな資料だったのですか。

皆川:セリフの抽出とその時にこんなことを思っていたんじゃないかというものをまとめた資料です。文章でまとめたもので、レジュメと詳細に分けた形のものをお渡ししました。小見出しのようなレジュメを読めば全体の流れはわかるようにして、実際に脚本を書く方が詳細を読む形で使っていけば上手くできるだろうと思い作ってお渡しました。

福井:それだけよく作品を理解していただいている方なので、脚本だけでなくテロップの日付なども全部やっていただきました。

──執筆作業というより編集作業のようですね。

皆川:大変でしたが自分で小説を書く時にもやっていたことなので苦にはならないです。すでに人が作ったものを読み解いていくと作った人の気持ちが見えてくるんです。

──作った人の気持ちというのはどういう物が見えてくるのですか。

皆川:例えば『2199』で最初に冥王星まで行って帰ってくるという話があるじゃないですか。その道のりにかかった日数が見えてくると、地球の宇宙戦艦がどれくらいのスピードが出るのかがわかるんです。そこからどういった技術水準を考えて世界が構築されているのかが見えてくるんです。

──それだけ緻密な資料を作られたというお話しを伺うと、皆川さんは総集編の脚本を書こうというお気持ちがあったのかなと感じますが。

皆川:『評伝 真田志郎』を書けるとは思いましたけどね(笑)。脚本をやることは考えていなかったのです。

──そうなんですね。福井さんからすると頼まない理由がない方ですね。

福井:これだけ書ける方なら大丈夫だと思いました。

皆川:個人で小説を書くときは版権ものでも自分でハンドリングするのでクルーザーを運転する感じですけど、今回は大型船で全然違うわけですからすごい緊張感があります。その分、刺激もありました。

──制作にあたり『2199』『2202』からエピソードを抽出するわけですが、その選択はどのような基準を設けられていたのですか。

福井:『2199』パートに関しては真田と古代進のお兄さん古代守との関係を中心に抽出しストーリーの流れを作っていきました。『2202』パートではその経験を経て人間として大きく成長した真田から見た古代進という視点で進む流れになっています。

皆川:物語は“起承転結”で分けますよね。その“転”のところで悩んだり苦しんだりということが入るわけです。そこは真田が火星の絶対防衛線の中でAIから撤退命令が出て、その命令を拒むというところが自分の中で脚本のクライマックスにあたる気持です。

──全体としては真田の物語という捉え方でよろしいでしょうか。

皆川:真田という人間を介してみた古代兄弟の話ですね。

新規1.png
音楽を基準に構成を考えました
──今回の総集編をドキュメンタリーの形で作るという方法が凄く斬新でした。『ヤマト』だからこそ出来る手法だなと思います。この演出、構成にしようと思ったのは何故ですか。

福井:最初は『2202』の総集編という話だったんです。でも、それだとファンのみに向けた形になるので意味がない、なので『2199』とその前史まで含めることで新規の方にも『ヤマト』の世界を知っていただけるようにしました。その形で制作すると決めた瞬間「ドキュメンタリーだな。」と私の中で悩まないで決まりました。以前、『ガンダム』で宇宙世紀全部総覧のような語りとドラマが交互にやって来るものをやっていて、なんとなく手ごたえをつかんでいたのでやれるんじゃないかと思っていたんです。

皆川:『2202』上映の前にこれまでのあらすじというのが入って、それを全部繋ぐだけで90分くらいになるんです。映画1本分じゃないですか、どうするんだと思いましたよ。

──『2202』の名場面を繋ぐだけでもそれだけの時間に。

福井::切りに切った脚本でも2時間半とかになってしまいました。

皆川:会議の時も「これ以上切るとしたら、フィルムを縦に切るしかない」という話も出たくらいです。

福井:なので今作では、音楽を基準に構成を考えました。「このシーンはこの曲1曲で乗り切ってほしい」ということをディレクターの佐藤(敦紀)さんにお願いをして尺を収めてもらったんです、そうすると否が応でも音楽の尺内に収まってくるんです。きちんと順を追ってやると解説だけで大変なことになるんですが、各シーンのテーマとなる曲の尺内で全部納めてくれとお願いしたんです、そこにナレーションが入る。佐藤さんは元々予告編を作るプロなのでそういった編集がものすごく上手いんです。

皆川:『宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟』の最初に『2199』のダイジェストがあるんですけど、そこを担当されていた方なんです。その佐藤さんに担当していただけるのであれば、佐藤マジックで全部乗り切って行けるなと思いました。

──ある程度大きな流れを作り、そこから映像と音楽を作り脚本を変えていくという作り方なんですね。

福井:あとから脚本を変えていくというのは結構ありました。

皆川:最初は真田の演説に合わせてストーリーを紹介するというアイデアもあったんですが、それだとわかりづらかったんです。そんななか佐藤さんから「とりあえず繋いでみたんだよ。」というものを見せていただいたんでが、とんでもない量になっていました。

福井:2019年末段階で90Pの脚本が上がって、そこからですね。ベースはそんなに動いてなくて、微調整していく中でだんだん見えてきて、少しずつ詰めていった形です。

皆川:私は『2205』(『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』2021年公開のシリーズ最新作)にも参加させていただいているんですけど、『2205』の脚本会議を通して福井さんの思う映画のリズム・映像のリズムがだんだんわかってきたのです。福井さんは“画とセリフが違うものを入れる、A+BからCを出す”といったアウフヘーベン(対立し合う二物の関係を1つ上の次元へと引き揚げること)させる映像表現がたぶん好みなんでしょうね。話していることと画は違っていいということに気づくのに随分かかりました。

新規2.png

──お二人の役割分担は明確にあったのですか。

福井:脚本は皆川さんに基本書いてもらい、それをコチラで手直ししていくという感じです。

皆川:私はこういう作業が初めてなので、「福井さんがまとめてくれるなら」と参加したんです。どうしてもわからない部分はあるので、最終的には福井さんがお任せする形ですね。そういう意味ではセッションみたいな形でした。

福井:お願いする段階で手ごたえは得ていて、実際に上がってきたものも考えていた通りでした。ほかの方だったらこんなにスムーズにはいかなかったと思います。

皆川:福井さんは軸がしっかりとある方なので安心感がありました。お声がけいただいたときも大変な分量だけど面白そうだと思いました。流石に90分と聞いたときは「どうすれば納まるんだ」とは思ました(笑)。

福井:90分には収まらなかったね(笑)。

皆川:自分でもドラマ部分を繋いでみたんですけど、2時間半から3時間とかになっちゃったんです。そこで、これは1分1ページのムックで90ページあるんだと考えるようにして脚本を書きました。そこに行くまでは難しかったですね。

新規3.png
別の形から見ると新しい魅力が出てくるというのが今回の総集編
──お話しを伺っていても、構成にどれだけ悩まれていたのかがわかります。今回はさらに新規に制作された映像もある。それだけ膨大な元作品がある中に新規の映像を差し込んだ理由を伺えますか。

福井:我々の世代にとって『ヤマト』は伝説ですが、若い子には「なんで戦艦大和(以下、大和)が宇宙戦艦なんだ」というくらい縁が無い作品なんです。昔の『ヤマト』には戦後日本の総括や批評性があるんです。このリメイクシリーズでもその精神は受け継いでいるので、そのことをちゃんと伝えたかったんです。そのためにやらなければいけなかったのが現実の歴史からのスタートなんです。

──新しいファンの方にも『ヤマト』という作品の精神を伝えるためだったんですね。

福井:歴史を描くにあたり“宇宙”と“戦艦”のどちらを取るかという2つの選択肢が出てきたんです。戦艦に目を向けこだわりすぎると戦争ものになってしまうんです。なので、宇宙に目を向けてアポロのシーンを入れた今回の作りになりました。今は『ガンダム』の方が世間に広く知られていますが、『ガンダム』が浸透した理由の1つに世界がしっかりと構築されているということがあると思うんです。『ヤマト』のリメイクシリーズもちゃんと辻褄が合うように作られています。スタッフが綿密に世界を構築してくれているので、そういうものを肌感覚でわかってもらえるようにしたいと思い新作映像を入れました。

皆川:設定の話で言うと玉盛(順一朗/本作の設定アドバイザー)さんが本当にすごかったです。『2199』から参加されていて『ヤマト』に関する造詣の深い方なのですが、お話しを伺うたびに目からウロコが落ちる思いでした。例えば『ヤマト』に「コスモ」と出てくるじゃないですか、英語の発音だと「コズモ」なんです。「コスモ」はロシア語の発音なので、ロシア宇宙主義などの単語が出てくるわけです。そこを考えさせてくれるものが『ヤマト』にはあった、そういうところを考えていく面白さをスタッフは知っていて、ファンのみなさんには申し訳ないんですけど、その楽しさをちょっと味合わせていただいたという感じです。

福井:長年のファンにとっては周知のこと、むしろ自分たちの妄想の中で留めていたところもあったと思いますが、新規の方にとっては「そういうのがあるなら言ってくれよ」というところだと思うんです。なので、最低限これだけ見れたらこの世界に入っていけるよと機能するだけの情報を入れ込んじゃおうとやったのが今回です。

皆川:一方から見るとこう見えて、別角度から見ると違って見えるということは現実にもあるじゃないですか。『2199』『2202』も作品としてあって、それを別の形から見ると新しい魅力が出てくるというのが今回の総集編かなと思っています。

──玉盛さんのお話しが出ましたが。設定アドバイザーとはどういう役割なんですか。

福井:例えば、今作の新規パートで描いている「第二次世界大戦終結二百年祭」とかは私たちの頭の中から出てこないです。新しい視聴者も気になるであろう、宇宙戦艦がなんで“ヤマト”という名前で、あの造形なのか、ハッキリ理由をつけていこうということで、玉盛さんに相談した際にその場で「二百年祭というのがあって、その時に復元したんです」というのを聞かされて、凄いな、バッチリじゃないかと思いました。

皆川:大和は沖縄という目的地に行けず、しかも、作戦も帰ってくることを想定していなかった船なんです、その船が宇宙戦艦として生まれ変わってイスカンダルに行って帰ってくる。そういう素敵な物語であるんです。そこの部分を背負ってる船になって欲しいというのは自分の中にもあり大切にしたいなと思っていたので、玉盛さんのアイデアを伺ってまさに目からウロコが落ちました。

福井:もちろん、宇宙戦艦なので使われている材質とかは根本的に違っているだろうけど、「ネジ1本でもいいから大和のものが中に取り込まれているというところが大切なんだ。」というのが玉盛さんの弁です。私もその通りだと思います。

新規4.png
本質的な『ヤマト』の魅力に惹かれている親子がいるというのは凄く嬉しい
──すごいお話しを沢山聞かせていただいてありがとうございます。これだけのメンバーの中に新たに入っていくというのは凄い環境ですね。

皆川:兎に角わからないことだらけでした。外で文句を言うのと中に入って意見を言うのとは全然違うので、恐ろしいところに来てしまったと思いました。

福井:そうおっしゃられてますが、この総集編も『2205』も皆川さんが居ないと全然別のものになっていたと思います。

──皆川さんにとって福井さんとはどういう存在ですか。

皆川:バンマスのような存在ですね。「こういうのがあるからどう」という提示も私からしますが、最終的に責任を取るのは福井さんなのでそういう感じですね。なので、重圧は凄いだろうなというのは感じました。

──『2205』の話も出て来ていますが、コチラには皆川さんはどのような関わり方をされているのですか。

皆川:文句を言う立場です(笑)。わかり易く言うと設定になるんでしょうか。

福井:ただの設定というとまたちょっと違うんですよね。『2205』に関してはで今までずっと伏せられてきた秘密が明らかになるのですが、その秘密の中身を考えてもらっています。

皆川:実は『2202』の小説版で最初に書いていたもので、それを見せたら福井さんから「これはやめてくれ、でも面白そうだから次で使おう」と言われたんです。

福井:取っておいてもらったんです。物語の根幹にかかわるところなので、設定というだけでは済まない形で携わっていただいてます。

──『ヤマト』は本当に世代を超えている作品で、誰しもお話しを知っていて、ささきいさおさんの主題歌も知っている。当時、リアルタイムで『ヤマト』を観られていた世代の方にはどういう作品だったのでしょう。

福井:私は実は後追いなんです。リアルタイムで観た『ヤマト』は『宇宙戦艦ヤマト2』という『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をTVシリーズにしたものでした。小学校の4・5年生になって、再放送で1974年版のものを観て、「こんなすごい話だったんだな」と衝撃でした。まさか、アニメを観て泣くとは思いませんでした。観る前は「テレビマンガだろ、いい加減こういうのは卒業かな」という感覚もあったので、アニメでこういう物が作れるんだという驚きがありました。

皆川:私は、最初ものすごい暗い曲で始まったので怖かったんです。そしたらこれまで見たこともないような宇宙戦艦が出て来て、とんでもないものを見せられたと思いました。そして、よくわからないまま夕日の沈む中で大和を見つけるというシーンを見せられて、何が始まるんだろうと思ったのが第1話の印象でしたね。その後、1974年版『ヤマト』の劇場総集編をいとこのお兄さんに連れられて観に行ったんです。それもあって当時はお兄さん・お姉さんの年上のものという印象もありました。

福井:となると、本当のドストライクの世代は私たちより上の世代ということなんですね。その世代の人たちからするとちょっと違った捉え方をしているかもしれないですね。

新規5.png

──60代となると30代の私にとっては親がドストライクの世代に近い形になりますね。

福井:30代の方だと親が観ていた作品という面もあるんですね。

皆川:2世代の『ヤマト』ファンというのもいますからね。親は『2199』で子どもは『2202』が好みだという感じで、感想がわかれたりとかもあるらしいですよ。

──それもいい関係ですね。

皆川:観方が違っても本質的な『ヤマト』の魅力に惹かれている親子がいるというのは凄く嬉しいです。

──歴史を超える作品は普遍的でどの世代にも響く魅力がありますから。

福井:何かが引っ掛かったんでしょうね。これが『宇宙戦艦ヤマト』でなければ別なことになっていたかもしれないですね。

皆川:戦艦大和がモチーフになっているあのワンオフでバンと異物をぶつけられたようなデザインはみんなの脳に残りますからね。74年当時に描かれた絵の解釈とその後の作品での解釈とはまた微妙に形は違うんですけど、コンセプトとして戦艦が宇宙へ行くというのは一度観たら忘れられない形ですから、そこも魅力じゃないでしょうか。

──これだけ多くの世代に支持される作品の公開が迫るというのはプレッシャーもあるのではとも思いますが、今のお気持ちをお聞かせください。

福井:本当に思った通りに出来ました。『ヤマト』の世界はこれまでの常識を覆すようなことが起きて人類そのものが変容を強いられる世界で、今ととても近似値のある話だと思っています。私たちと地続きのこの世界を1人でも多くの方に観ていただきたいです。

皆川:本当に歴史のある作品で多くの人が今も愛してくださってる作品なのでもの凄い重圧があります。『2199』『2202』を皆さんはこんな重圧の中でやっていたんだと感じて押し潰されそうになりましたが、凄いものに関われました。『ヤマト』は本当に凄いな、良いなというのを、出来上がったフィルムを観て改めて感じました。この映画は気持ちのいいものに仕上がっているので、是非みんなに観て欲しいと思いますね。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ