日産初のクロスオーバーEV「アリア」は、限定車の「リミテッド」から発進!

IGNITE


日産の新型クロスオーバーEV「アリア」が、いよいよ本格発進する。まずは日本専用の特別限定車として、「アリア limited(リミテッド)」を導入。日産初となるグローバル共通の専用予約サイト「クラブアリア(https://www2.nissan.co.jp/SP/ARIYA/CLUBARIYA/)」を通じ、予約注文をスタートした。



[nextpage title=”プレミアム性を際立たせる専用装備”]

昨年7月に世界初公開されたアリアは、リーフで培ってきた電気自動車のノウハウと最新のコネクテッド技術を融合させたクロスオーバーEV。先進的なデザインに包まれたラウンジのような心地よい空間を、力強く滑らかに、優れた静粛性とともに移動させる。



ボディサイズは全長4,595×全幅1,850×全高1,655mm。パワートレーンは、2種類のバッテリーサイズ(66kWh/91kWh)と2種類の駆動方式(FF/e-4ORCE)を組み合わせる。



そして、先行リリースされる「アリア limited」は、遅れて導入されるベースモデルに対し、アリアのプレミアム性をさらに際立たせた特別限定車となる。



ボディカラーには、limited専用となるツートーンカラー「バーガンディー/ミッドナイトブラック」と「シェルブロンド/ミッドナイトブラック」をはじめ、全5色が用意される。



また、エアロダイナミックなデザインを採用する専用の19インチ・アルミホイールカバーや、ARIYAロゴ入りのLEDキッキングプレートが特別に奢られる。



インテリアでは、柔らかくプレミアムな質感のナッパレザーシート(ブルーグレー)や、リモート機能付きのパノラミックガラスルーフに加え、アリア専用に開発された「BOSE プレミアムサウンドシステム&10スピーカー」が標準装備される。



日本の伝統美を感じさせる枯山水(かれさんすい)をモチーフとしたフロアカーペットは、limitedだけの専用装備だ。



バッテリー容量による呼び名は、66kWhバッテリー搭載車が「B6」、91kWhバッテリー搭載車が「B9」。

もっともリーズナブルな組み合わせは「B6+FF」で、0-100km/h加速は7.5秒、最大航続距離は450km。

もっとも足の長い組み合わせは「B9+FF」で、0-100km/h加速は7.6秒、最大航続距離は610km。

もっともパワフルな組み合わせは「B9+e-4ORCE」で、0-100km/h加速は5.1秒、最大航続距離は580km。



先陣を切る「B6 リミテッド」は、今冬から発売。その後、他グレードが順次発売される予定になっている。

■グレードおよび価格
B6 リミテッド=660万円
B9 リミテッド=740万0,800円

B6 e-4ORCE リミテッド=720万0,600円
B9 e-4ORCE リミテッド=790万0,200円

(zlatan)

画像元:日産自動車

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ