大魔神が映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で55年ぶりにスクリーンに登場  寺田克也氏のデザインでスケールアップ

SPICE


8月13日(金)公開の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』から、予告編が解禁された。また、本編に“大魔神”が登場することも明らかになっている。

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は、1968年に三部作のひとつとして公開された『妖怪大戦争』、2005年のリメイク版『妖怪大戦争』に連なる映画。主演に寺田心を迎え、伝説の妖怪ハンターの血を継ぐ小学生・渡辺兄(ケイ)が妖怪たちとともに、突如現れた“妖怪獣”による世界滅亡の危機に立ち向かう姿を描く。2005年の『妖怪大戦争』に引き続き、三池崇史監督がメガホンをとり、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の渡辺雄介氏が脚本を担当。また、製作総指揮には、角川歴彦氏と荒俣宏氏が名を連ねている。
(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ 
(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ

本作の舞台は、20XX年。日本列島を南北に縦断する断層・大地溝帯=フォッサマグナから現れた妖怪獣により、妖怪界と世界に未曽有の危機が到来する。妖怪たちは妖怪獣に対抗する力として、伝説の武神“大魔神”を復活させようとする。しかし、復活には妖怪ハンター・渡辺綱の血を継ぐ者の力が必要だった。本作には、ケイを演じる寺田のほか、彼を取り巻く妖怪役で、杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINらが出演。また、ケイの祖先である妖怪ハンター・渡辺綱を北村一輝が、ケイの母・渡辺礼香を松嶋菜々子が、ケイの弟・ダイを猪股怜生が演じている。
『大魔神怒る』より 大魔神 (C)KADOKAWA1966
『大魔神怒る』より 大魔神 (C)KADOKAWA1966

登場が明らかになった大魔神は、1966年に大映(現・KADOKAWA)が製作・公開した日本映画の特撮時代劇シリーズ三部作『大魔神』『大魔神怒る』『大魔神逆襲』に登場。『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の大魔神は古代の武神として埼玉の将軍塚に眠っており、妖怪ハンターの血を引く渡辺兄弟の手によってのみ蘇るという。1966年当時の大魔神の身長は、4.5メートル。『妖怪大戦争 ガーディアンズ』では、『ゴジラ FINAL WARS』のモンスターデザインや、『仮面ライダーW』のクリーチャーデザインなどでも知られる寺田克也氏がデザインを担当し、身長は9.8メートルにスケールアップ。三池監督は、55年の時を経た大魔神の登場に「今、この時代、大魔神が蘇るのは必然。ちょっと迷惑な愛の大暴走をお楽しみに!」と語っている。
(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ 
(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ 
(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ 
(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ

解禁された予告編では、気弱なケイが勇気を振り絞って叫び、妖刀を引き抜く様子や、鎧を身にまとう姿が収められている。また、狐面を取って素顔を明かす狐面の女(杉咲花)や、手下の808匹の狸と一斉に腹の太鼓を打ち鳴らす隠神刑部(大沢たかお)、雅楽器を持つ謎の三人、決戦へと向かう妖怪たち、そして、大魔神の姿も収められている。また、いきものがかりが本作のために書き下ろした主題歌「ええじゃないか」がバックに流れている。

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は8月13日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ