顔相鑑定(106):高橋ひかるは清楚系美人 国民的女優になるには攻めの戦略を

fumumu


池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は女優の高橋ひかるさん。5月22日から放送されているドラマ『春の呪い』(テレビ東京系)で主演を務めていて、高橋さんにとって2度目の連ドラ主演で注目が集っています。

また、バラエティ番組『スクール革命!』(日本テレビ系)では準レギュラーとして出演。「なに言うとんねん!」など関西弁での容赦ないツッコみを披露し、そのギャップで人気急上昇中です。

■国民的美少女出身の高橋ひかる


髙橋ひかる

2014年に「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界入りした高橋ひかるさん。当時中学1年生だった高橋さんも今では19歳。

7年キャリアがありますが、お顔のほうは清楚なイメージのままで、今回はその理由について解説していきます。

まずは髪型で、2017年に「黒髪美人大賞」を授賞したように黒髪ロングの髪型です。デビュー時の真っ黒から比べるとほんの少し明るくしているようですが、古風な雰囲気があります。

関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

■清楚なイメージの理由


清楚なイメージを作っている2つ目の理由は頬が高くなく平坦であること。顔は立体的であるほど男性的、活動的なイメージになり、平坦であるほど女性的、静的なイメージになります。

パーツも小さいほうが静的なイメージになるのですが、目、鼻、口とどれも大きさ的には標準です。フラットな頬に加えて全体的に色味を抑えたメイク、特にアイメイクはアイラインを引いただけに見えることで清楚なイメージを作っています。

■年齢とともに顔も成長


私が高橋ひかるさんに注目したのは彼女がまだ13歳の時の「はは~っ!愛情1本チオビタドリンク」というCMですが、それから比べると顔の下側が成長したことで輪郭が面長になり、パーツの配置も平均型から上型に変化しました。

これにより、清楚ではあるけれど、「幼い」や「か弱い」イメージではなく、「冷静」で「真面目」な大人っぽい女性の印象になってきました。

■ナチュラルな眉の復活に期待


個人的に残念なのは眉を整え、前髪を下ろすことでデビュー当時の太くて下がった個性的な眉が見られなくなってしまったこと。下がり眉だと情けない顔や、困り顔になるのですが、目との絶妙なバランスで「若干困り顔」の守ってあげたい顔になっていたのです。

同じ事務所の小芝風花さんと同じように、万人受けするよう眉を普通っぽく整えていますが、若手女優戦国時代を勝ち抜くには2人とも個性を前面に打ち出していったほうが良いかもしれません。

米倉涼子さん、剛力彩芽さんが離脱して、新しい柱が必要なオスカープロモーションさんには守りではなく攻めの戦略に期待しています。

★最新情報や写真鑑定のお申込みは「顔相鑑定士 池袋絵意知公式サイト 」をごらんください。

・合わせて読みたい→ひろゆき氏、尾身会長を批判する茂木健一郎氏に反論 「間違ってますよ」

(文/fumumu編集部・池袋絵意知)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ