武井壮、東京五輪中止に慎重な判断を要望 「いろんな方が関わってる」

しらべぇ




7日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、武井壮が東京オリンピックの開催中止論について、慎重に判断するよう訴えた。

■五輪開催可否に持論


番組は東京オリンピックの開催可否について、読売新聞社が実施した世論調査で「賛成50%、反対48%」という結果が出たニュースを紹介。武井は「少し世論も、『開催、ちょっと、いいんじゃないか』っていう空気に、ほんの少しなりつつある」と語る。

そして「オリンピックが遊びみたいな感じに捉えられえて、なんかいらないものみたいな空気にすごくなってきてますけど、結構大きなマーケットで、ビジネスになっている」と指摘した。

関連記事:武井壮、アマチュアアスリートに持論 「来年以降かなりの打撃を受ける」

■慎重な判断呼びかけ


さらに武井は「これをシンプルに中止しちゃうと、お仕事が立ち行かない人がまあまあな数、存在しているので、簡単に中止って言えない状況」と現状を分析する。

続けて「スポンサーがどうっていう以前に、それに関わってる業者さんとか、いろんな方が関わってるから、ちょっと慎重に中止とかの判断しないと。コロナでもダメージを受けて、オリンピック中止でもダメージを受けてって、ダブルパンチみたいなことも可能性はあるんでね」と話した。

■どこで折り合いをつける?


武井は続けて「せめて安全に開催して、いろいろ回収できて、オリンピックの映像だったりとかをその後もずっと使えるスポンサーが増えたりとかで、いろいろ利益はあるなと思うんですけど」と語る。

そして「そことコロナのリスクと。これからあと1カ月2カ月ですけど、そこで折り合いをつけていくのか、ちょっと見ものだと思う」とコメントした。

■経済的リスクが存在


開催が目前に迫ってきた現在でも新型コロナウイルスの新規感染者が減少しないことから、中止論が根強い東京オリンピック。

武井が指摘するように多くの企業が関わっていることもあり、非開催となった場合の経済悪化が危惧される。しらべぇ編集部が全国10~60代の男女3,140名を対象に実施した調査でも46.1%が「非開催なら経済は悪化する」と回答しているのだ。



今後最終的な判断がくだされるものと思われるが、中止とした場合のリスクも少なくない。武井が指摘するように、感情論ではなく、現実的な要素を考慮しつつ、慎重な議論が求められる。

・合わせて読みたい→10代女性の6割が五輪中止による経済悪化を危惧 「これまでの準備が無駄に」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年12月11日~2020年12月18日
対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ