志尊淳「知らなくて何度か怒られたことが…」デビュー当時の失敗談語る


俳優の志尊淳が、8日に公開される明治の「明治スキンケアヨーグルト素肌のミカタ」の新WEB CM「見切れる志尊淳」編(36秒)、「向かってくる志尊淳」編(6秒)、「力を合わせれば」編(64秒)に出演する。

大きな素肌のミカタに隠れたり、話しかけたりしながら、商品を紹介するCM。顔のアップも見せ、志尊の透明感が際立つ映像となっている。

「見切れる志尊淳」編では、間違えやすいワードを含んだ台詞に「大丈夫かな?」と心配そうな表情を見せていた志尊だが、何度も練習をした甲斐あり、本番では「素晴らしいですね!」と絶賛される出来栄えに。スタッフ陣からは「かわいすぎる!」と声が飛んだ。「力を合わせれば」編では、太陽を見上げるカットで「まぶしそうにしますか?」と自ら芝居プランを提案し、採用される場面も。

インタビューで「日焼けにまつわる失敗談」を聞かれた志尊は「もう失敗だらけですね(笑)」と笑い、「小学、中学とずっと野球をやっていて、日焼けなんて気にしたことがなく生活してきたんです。僕は本当に一瞬で黒くなるんですよ」と説明。「この仕事を始めた当初も、日焼けをしちゃいけないってあまり知らなくて。あまり“(ドラマや映画のシーンの)つながりがある”ということが分からなくて。日焼け止めを塗らずに普通に生活していたら、黒くなるじゃないですか。それでスノーボードに行ってすごく日焼けしたり……。それで何度かマネージャーさんに怒られたことがありました」と苦笑いで振り返った。

また、最近の“おうち時間”では、毎日掃除をして「身のまわりをきれいに維持する」ことをすごく心掛けているという。「今までは仕事が忙しくて『いいや、後回しにしよう』ということが多かったんですが、最近は気付いたら掃除をしていて、やらないと朝に出掛けられない、仕事にも行けないくらいになりました。(以前は)近いところに物を置いて、すぐに手が届くようにしてきれいさよりも利便性を求めた生活だったのに、今はきれいな状態を保っておく方が良いなと思えて、洗濯も毎日まわすようになったり……」と掃除洗濯について語り、「変わりましたね。きれいな方が気持ち良いってすごく感じるようになりました(笑)」と自身の変化を明かした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ