玄関と窓にこだわって、心地よい開放感を。家づくりのアイデアになる2軒を紹介

日刊Sumai

子ども部屋の室内窓から見下ろしたリビング
家の内と外をつなげる玄関と窓。家づくりでは、あと回しにされがちですが、じつは住まいの満足度に関わる大きな要素です。
プライバシーを守りつつ、光と風を通して、開放感を演出してくれる…そんな心地よいプランを編集部でピックアップしてみました。2軒のどちらも、建築家が設計しています。家づくりの参考にしてみましょう。
吹き抜けや室内窓の効用で、光と風が縦横に巡ります
冒頭の写真は、3方を道路に囲まれた敷地に建つKさんの家の中の様子です。室内は家族の気配を感じながらくつろげる、ワンルームのようなLDKを実現させました。その一方で、外からの視線に配慮して1階の道路側は、窓を控えめのプランとしています。
1階に配したリビングの吹き抜けを囲むように、2階の寝室と子ども部屋をL字型に配置。子ども部屋の室内窓からは、左手の室内窓越しに寝室が見えます。両部屋に室内窓を取りつけ、吹き抜け越しにコミュニケーションができるように配慮。これにより、窓から取り入れた光や風も、吹き抜けや室内窓を介して家じゅうを巡ります。
「風が通るので夏は涼しく、快適です」と、夫も納得の心地よさ。また、玄関回りにも気を配り、宅配や手洗い動線を設けるなど、暮らしやすさを高めています。
心地よい光と風を取り込むリビング
吹き抜けの高窓や掃き出し窓から、心地よい光と風を取り込むリビング。
置き配にも対応する荷物BOXを設置した玄関ポーチ
玄関ポーチには置き配にも対応する荷物BOXを確保。不在時も荷物の受け取りがスムーズ。
玄関右手のウォークインクロゼット
玄関右手には、ウォークインクローゼットから洗面脱衣室へとつながる裏動線を確保。帰宅してすぐ、手洗いやうがい、除菌対策ができます。
格子デザインの玄関ドア
玄関ドアは、プライバシーを守りつつ採光も可能な格子デザイン。玄関左手の木塀は、隙間を開けることで光と風を通します。
玄関からの日差しも差し込む明るい室内
LDKから玄関までオープンにつながる間取りなので、玄関からの日差しも室内に差し込みます。玄関の右手には、壁の上部に取りつけたガラス窓があり、リビングからの光が届きます。
<愛知県 Kさんの家>設計/悠らり建築事務所 撮影/日紫喜政彦
7つの天窓や窓・サッシの性能で快適に!
スキップフロアで奥のDKとつながるリビング
スキップフロアで奥のDKとつながるリビング。採光・通風とともに庭の眺めも楽しませてくれる大きな窓。吹き抜けとスキップフロアで室内をつなげた総2階建てのS邸は、7つの天窓で明るく開放感たっぷりです。
2階は、壁づけの窓は一切つくらず、すべて天窓からの採光。部屋にいながら空を眺め、日差しの角度で時間の流れを感じるなど、自然を身近に体感できます。また、吹き抜け越しに天窓からの日差しが階下に届き、家全体が光に包まれて快適に。
さらに1階は、LDKの南側に深い軒と大きな窓を設けました。冬は日差しをふんだんに取り入れ、夏は日の入りすぎをシャットアウトしてくれます。
窓には、アルミと樹脂の複合サッシ+アルゴンガス入り複層ガラスによる高断熱性能タイプを採用。断熱性や防露性にも配慮しています。
庭を仕切るために設けた木製フェンス
玄関ポーチの右手は、庭を仕切るために設けた木製フェンス。玄関やアプローチから丸見えにならず、LDKで安心してくつろげます。
木製フェンスの延長線上にある玄関の壁は板張りに
木製フェンスの延長線上にある玄関の壁は板張りに。内と外に板壁を連続させて一体感を高めます。
日差しが降り注ぐ子ども部屋
天窓から明るい日差しが降り注ぐ子ども部屋。
窓辺をデザインしたキッチン
フィックス窓と片開き窓を組み合わせて、窓辺をデザインしたキッチン。
<長野県 Sさんの家>設計/アトリエ・アースワーク 撮影/松井進

当記事は日刊Sumaiの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ