【コロナ禍】いま、自転車が買えない、という話

Nicheee!

新しい生活様式でも、楽しめる趣味が欲しい!
ということで、長年の憧れだったスポーツバイクに手を出すことにしました。

社会人になりたての頃、たまたま読んだ羽田圭介さんの小説『走ル』を読んで、ロードバイクに興味を持ち、「いつかは買いたい」と思い、何もしないまま数年が経ちました…。

B01I1E1RSA.01._SCLZZZZZZZ_SX500_

ソーシャルディスタンスを保ちながら運動でき、電車にも乗らずに通勤できるとあって、コロナ禍のいま、自転車需要が高まっているそうですが、この機会に憧れをかなえようとサイクルショップへ!

購入しようと思ったのは『走ル』に登場するイタリアの老舗メーカー「ビアンキ」のクロスバイク。いきなりロードバイクに乗る自信もなく、街乗りや通勤、ちょっと頑張ればロングライドと使い勝手の良いクロスバイクを購入することに!

しかし…!
都心のサイクルショップやビアンキの公式ストアを回れど回れどビアンキに出会えず…。
注文して取り寄せをすることもできるのですが、「このモデルは2021年中には来ると思います」「このモデルは2022年2月にならないと再入荷しません」と納期がとんでもない!

新型コロナウイルスの影響で、世界各地の工場が思うように稼働できておらず、さらに自転車需要が高まっていることで供給不足になっているそうです…。

「いやだ!いやだ!そんなに待ちたくないよ~!
こっちはすぐに乗りたいんだよ~!」

と心の中で駄々をこねながらトボトボ歩いていると、中古の大手自転車ショップが。お店の中を見ると、ある!ビアンキ独特のチェレステカラー(イタリアの青空の色)を纏った1台が!!!

とたまたま通りがかったお店で出会うことができました。

DSC_3956

DSC_3955

即購入!ビアンキのクロスバイク、ローマⅢ(2018年モデル)です。防犯登録込みでお値段62,260円。実はフレームサイズが54で、本来僕の体系だと少し大きいのでサドルをかなり下げています…でも快適に乗れます!
中古だとサイズが選べなかったりというデメリットはありますが、自分の好きなメーカー、欲しい車種に出会える可能性はありますよね!

コロナ禍のいま、すぐ快適な自転車ライフを始めたいという方は中古で購入するのもひとつの手かもしれません。
僕はこの運命の出会いを果たしたローマⅢちゃんを大切に乗っていきたいと思います。

(Written by 大井川鉄朗)

当記事はNicheee!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ