マツコ、すとぷりのメンバーにどハマり「最後、壺買ってるかも」

 

6月5日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、YouTube登録者数870万人越えの人気エンターテイメントグループ・すとぷりが登場し、プロデューサーのマツコ・デラックスも思わずその声に聞き惚れる場面があった。

 

ティーンから圧倒的支持を得る「すとぷり」の魅力とは

歌やゲーム実況など、違うジャンルで動画配信を行っていた6人が集結した「すとぷり」。各メンバー、魅力的なボイスが特徴だが、マツコが別の意味で惹かれたのはリーダーでプロデューサーのななもり。だった。グループ結成時の話を語るななもり。に、マツコは思わず笑いながら「やっぱり1人だけしゃべり方が、何かを説得するタイプだよね」と指摘し笑わせた後「このままななもり。ちゃんの話聞いてたら、最後壺買ってるかもしれない」と続けて今度は大爆笑させた。

 

そして、ななもり。はグループを結成した意図を本格的に語る。「2016年に結成した当時は、歌い手さんだったら楽曲をカバーするだけとか、ゲームを実況する人はゲームの実況をするだけとか、すごく村社会になっていて、別なジャンルの事をするとすごく怒られてしまう文化だったんですよ」と説明すると「だったら色んなジャンルの人が集まって、楽しい事をやったらもっと多くの方に喜んでいただけると思ったんです」と語った。

 

これにマツコは「今、何気にスゴい事言ってるわよ」と感心の声をあげると「今のエンターテイメントの世界って、需要を無視してる人が多すぎる気がするのよ。もっとサービスしてくれとか、もっとやってくれとか、満たされない感を感じてる人が多かったと思うの」と語ると「多分、今のななもり。ちゃんのあの感じがね、『ほれ来た~』ってファンが増殖していった気がするね」と分析し、メンバーも笑いながら頷いた。

 

マツコは最後に「今日の感想を最後ななもり。に聞きたいな」とおねだりすると、ななもり。は「メンバーの魅力の8パーセントくらいは伝わったんじゃないかなと思います」と控えめな発言をし、その割合の低さにメンバーもマツコも大爆笑となっていた。

※トップ画像は『マツコ会議』公式サイトのスクリーンショット

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ