『おかえりモネ』西島秀俊と内野聖陽、“テレビ画面越し”2ショットにネット歓喜

 女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第4週「みーちゃんとカキ」(第16回)が7日に放送され、ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)でカップルを演じた西島秀俊と内野聖陽がテレビ画面越しで2ショットになると、ネット上には歓喜の声が相次いで寄せられた。

親に黙って仙台の大学から逃げてきた三生(前田航基)は、しばらく永浦家に滞在することに。そんな中、百音(清原果耶)は、妹・未知(蒔田彩珠)が祖父・龍己(藤竜也)の助けも借りながら、夏休みの自由研究でカキを卵から育てる地場採苗に挑戦する姿を目の当たりにする。

そんな中、三生を交えて家族で昼食を摂っていると、テレビでは気象キャスターの朝岡(西島)が天気を伝えている。恩人でもある朝岡の登場に百音は思わず「アッ!」と声をあげ「あのね…あ…この人…」と朝岡について説明しようとするが「あ、いや…」としりすぼみに話を止めてしまう。そんな百音を不思議そうに見つめた父・耕治(内野)はテレビに目を移しつつ「あ~百音はこういう人がタイプかぁ~」とつぶやくのだった。

朝岡役の西島と耕治役の内野は、2019年放送のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)で共演。ダブル主演を務めた西島と内野は、このドラマでゲイカップルのシロさんとケンジを演じている。ちなみに脚本は『おかえりモネ』も手がける安達奈緒子が担当している。

第16回ではテレビ画面越しではあるものの、朝岡役の西島と耕治役の内野が初めて2ショットに。画面に2人の姿が映し出されると、ネット上には「ケンジとシロさん!」「画面越しにご対面!」「並んだー!ケンジとシロさんが」「西島さんと内野さんが同じ画面に!胸熱」などのコメントが殺到。さらに「夢のツーショット」「ニクい演出」「シロさんとケンジがご対面してドキドキした(笑)」「画面越しの共演でも、きゅんきゅんです」といった歓喜の投稿も相次いだ。

さらに耕治が「百音はこういう人がタイプかぁ~」とつぶやいたことについても「お父さんもこういう人がタイプ」「お父さんのタイプでしょ!」「それはアナタでしょ!お父さん!」といった反響がネットに寄せられていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ