『コントが始まる』第8話 “楠木”中村倫也、マクベスを支えたマネージャーの過去が明らかに

 俳優の菅田将暉が主演を務めるドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系/毎週土曜22時)第8話が今夜放送。第8話では、マクベスのマネージャー・楠木(中村倫也)の過去が明らかとなる。

楠木(中村)「『マクベス』と共に、青春時代に戻ったような熱い時間を過ごした…」

つむぎ(古川琴音)「ワタシがお姉ちゃんを助けに来たはずなのに…本当の意味で助けられたのはワタシの方だった」

コント『ファミレス』。明転したステージに現れたのは、ファミレスでフルーツパフェを注文した客役の春斗(菅田将暉)。なぜかパフェからは苦手なバナナが勝手に抜かれていて…。ウェイトレス役の瞬太(神木隆之介)とうさん臭い店員役の潤平(仲野太賀)が加わり、マクベスによるとりとめのないコントの“前フリ”が始まる―。

その日、久々に瞬太が働く焼き鳥屋を訪れたマクベスのマネージャー・楠木は、5年前に初めてマクベスと会ってから、懸命に3人の売り込みをしてきた日々を振り返っていた。コントの構成やネタの選定に至るまで、マクベスと共に必死に過ごしたその時間は楠木にとってもかけがえのないもので…。しかしそんな日々も時を重ねるうちに色あせ、3人との距離は徐々に開いていった。

一方、つむぎが瞬太と付き合っていることをマクベスの3人から聞いた里穂子(有村架純)は、つむぎの引っ越しを間近に控え、ちょっとした言い合いから冷戦状態に突入してしまう。

そんな中、つむぎが働くスナックに楠木がやってくる。なぜか楠木に名刺をくれるようにと頼むつむぎ。それは姉からのある一言がきっかけとなった行動なのだが…。

未だ『マクベス』後の道を何も見つけられない春斗は、解散ライブに向け新たなネタを考えていた。ファミレスで1人思考を巡らせていると。何気ない一言が気になりノートに1行、ある題名を書き込む。一方、酒屋を継ぐため実家に帰る日が多くなった潤平は、弓子(木村文乃)ら家族と跡継ぎに対する現実と立ち向かうことになる。

そして物語は終盤、残り少なくなったファミレスでのネタ打合せの場所となり…。

ドラマ『コントが始まる』第8話は、日本テレビ系にて6月5日22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ