クロちゃんの「嘘ツイート」で団長が受けた辛すぎる家族の“風評被害”とは

アサ芸プラス


 安田大サーカスの団長安田が、5月30日放送の「マルコポロリ!」(関西テレビ)に出演。メンバーのクロちゃんの“嘘ツイート”により、自身の家族が風評被害を受けていることを明かしている。

この日、番組では、「クズ芸人2トップ夢の共演SP」と題し、安田大サーカス・クロちゃんと、とろサーモン・久保田かずのぶがゲストとして登場。それぞれが“クズエピソード” を披露。

クロちゃんのクズっぷりを証言するために出演したのが、団長安田。SNSのフェイク投稿で有名なクロちゃんによって、団長の家族にも風評被害が及んでいることを告白した。

ある日、団長が自宅でくつろいでいると、娘に突然、「学校でね、 みんながパパは嘘つきの組織のリーダーだって…」などと言われてしまったとか。

団長は「子どもどうし、どういう会話したか分からないんですけど、“嘘つきの組織のリーダーの子”って言われたら、やっぱ辛いですよね」と心情を吐露。最初はその意味も分からなかったが、よくよく聞くと、父親が組織のリーダーで、その娘だから、「あなたも嘘つくんじゃない?」などと学校で言われたらしい。

MCの東野幸治が「なんて言ったの? 団長は子どもに」と問われると、団長は「クロちゃんと団長は、もう全然別に関係ない人やから気にしなくていいよ」と説明したことを暴露。これにはスタジオの出演者らから「嘘をつくな!」とツッコまれていた。

多少、話を盛っているのかもしれないが、本当に子どもに風評被害が及んでいるとしたら、気の毒ではある

(鈴木十朗)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ