ディーン・フジオカ、5年ぶりラブストーリーで比嘉愛未と初共演 『推しの王子様』出演

 女優の比嘉愛未が主演する7月スタートのドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に、俳優のディーン・フジオカが出演することが発表された。比嘉とディーンは初共演。5年ぶりラブストーリーに挑戦するディーンは、比嘉演じる主人公に片思いするゲームクリエイターを演じる。

本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の社長・日高泉美(比嘉)が、借金取りから逃げようとしていた五十嵐航(渡邊圭祐)と偶然出会い、無作法で無教養で無気力な航を理想の男性に育てるため奮闘する、“逆マイ・フェア・レディ”な日々を描く。比嘉演じる主人公の日高泉美役は当初、深田恭子が演じる予定だったが、病気療養のため降板し、新たに比嘉が演じることとなった。

ディーンが演じるのは、「ペガサス・インク」の副社長で敏腕ゲームディレクターの光井倫久。もともとは泉美が保険会社から転職したゲーム会社のトップクリエイターで、泉美が初めて“ハマった”乙女ゲームを開発した当人だった。ある日、泉美は光井に、“生きがい”を作ってくれた感謝とともに、光井が手がけた乙女ゲームの“推しポイント”を熱弁。泉美の情熱に触れた光井は、泉美に試作品の感想を求めるようになり、次第に泉美の才能に気付いていく。そして泉美に「一緒にゲーム会社をやろう」と提言し、泉美と二人三脚で「ペガサス・インク」を起業する。

泉美が最も信頼し、大切にしているパートナーであり、光井との出会いがなければ今の泉美はなく、泉美にとって光井は人生を変えてくれた救世主だ。学生時代には映画業界を目指し、自主映画を制作していたこともある根っからのクリエイターで、その言動はいつもスマート。仕事は誰よりもこだわり抜き、部下の面倒見も抜群。特に泉美に対しては何があっても味方で、いつも泉美のことを応援し、支え続けている。ただ泉美の側には恋愛感情は一切なく、あくまで光井は同志である一方、光井は泉美への特別な思いを胸の内に秘めていて…。

ラブストーリーを描くドラマへの出演は、深田恭子主演ドラマ『ダメな私に恋してください』以来、5年ぶりとなるディーン。同作では主人公の“ドS元上司”を演じたが、本作で演じる光井は、泉美と固い信頼で結ばれたベストパートナーであることに加え、時に泉美からのどんな無茶な仕事のアイデアも実現しようとするため、周囲からは「ドMか!」とツッコまれる場面も。

ディーンは出演にあたり、「まずは、深田恭子さんがゆっくりお休みできることを、そして、時が来たらまた元気な姿にお目にかかれることを、多くのファンの方々同様に心から願っております」と深田を思いやった上、「ベンチャー企業の副社長役を演じるのは今回が初めてです。視聴者の皆さんに愛されるキャラクターになればと思っています」と話している。

ドラマ『推しの王子様』は、フジテレビ系にて7月より毎週木曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ