山田孝之の大親友の女優に、鶴瓶が大失態!?藤ヶ谷太輔が慌てて止める

dwango.jp news


俳優はもちろんのこと、アーティスト・作家・映画プロデューサーなどマルチに活躍する山田孝之が、6月4日(金)放送の『A-Studio+』ゲストで登場する。

1999年、ドラマ『サイコメトラーEIJI2』で俳優デビュー。NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』(2001年)やドラマ『ウォーターボーイズ』(2003年)で注目を集め、2005年、初主演映画「電車男」で一躍、人気俳優の仲間入りを果たす。その後も、「クローズZERO」シリーズや『闇金ウシジマくん』、『勇者ヨシヒコ』シリーズなど、徹底した役作りで作られた作品は多くのファンを獲得している。6月4日公開、佐藤二朗が原作・脚本・監督を務めた映画「はるヲうるひと」では、殺したいほど憎む人がいる主人公を怪演している。

MCの笑福亭鶴瓶は、「山田孝之の東京都北区赤羽」や「山田孝之のカンヌ映画祭」など多くの作品で脚本を務め、山田がブレーンと呼ぶほど信頼している放送作家・竹村武司に取材。

「北区赤羽」では、実際に役作りのために赤羽に住んだことや本気でナンパをした裏話から、「カンヌ映画祭」では小学校6年生だった芦田愛菜を山田自らが起用したエピソードが語られる。

一方、MCの藤ヶ谷太輔は山田が脚本・プロデューサーを務めた映画「デイアンドナイト」で共同プロデュースした映画プロデューサー・伊藤主税と、30歳になった山田孝之の葛藤を5年間にわたって追い続けてきたドキュメンタリー「No Pain, No Gain」の監督・牧有太に取材。

山田が映画プロデューサーをやることになるまでの道のりが語られるが、そこには山田の男気溢れる真っすぐな気持ちが明らかになっていく。



さらには、より良い撮影現場を作っていくために山田が行っている業界改革や、映画のオーディションに来ていた清原果耶の演技力に圧倒されたエピソードなどが語られる。

また今、農業を始めたことが明らかになり、その始めた理由に一同が感銘を受ける。

また世界的ヒットを記録した「全裸監督」のオファーを貰った時の秘話も語られ、そこには山田の挑戦し続ける生き様と後輩俳優への道しるべとなる思いが隠されていた。

番組終盤で鶴瓶が締めようとすると藤ヶ谷が慌てて止めるワンシーンが!実は、もう一人、大親友の女優に取材に行っていることを鶴瓶がすっかり忘れてしまっていたのだ。鶴瓶が大失態してしまった女優とはいったい誰なのか!?それは、番組を見てのお楽しみで!!

■『A-Studio+』
6月4日(金) 午後11:00~午後11:30

(C)TBS

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ