あいみょんが主題歌を手がけたドラマ5選<『コントが始まる』ほか>

Oh!My!ドラマ

 

絶妙な歌詞とサウンドが魅力のアーティスト・あいみょんさん。紅白歌合戦にも2度出場し、その人気は若者だけにとどまりません。

彼女の楽曲はドラマの主題歌になることもしばしば。現在放送中のドラマ『コントが始まる』でも、重要なシーンであいみょんさんのしっとりと爽やかな歌声が響きます。

今回は、あいみょんさんの曲がオープニングテーマや主題歌になったドラマを5つ紹介していきます。

 

『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』

マキヒロチさんのマンガを原作に、森三中の大島美幸さん、メイプル超合金の安藤なつさん演じる一風変わった吉祥寺の不動産屋が、なぜか吉祥寺以外の街の魅力を伝える『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』。

吉祥寺で重田不動産を営む重田富子(大島美幸)と都子(安藤なつ)の双子の姉妹。彼女たちのもとに訪れるお客さんは当然、吉祥寺に住むことを希望して、お店に訪れるのだが、どんな物件を希望しているのか、なぜ吉祥寺なのかという理由を聞くと、決まってふたりが言うのは、「じゃ、吉祥寺やめよっか」という言葉。
そして、彼女たちが案内するのは、吉祥寺とはまったくちがう街で……。

引っ越しを決めたひとりのお客さんにスポットを当てて、毎回、別の街を紹介していく1話完結型のドラマ。
そのお客さんが吉祥寺を選んだ理由を重田姉妹が聞くと、街の雰囲気に惹かれたとか、そこにしか住んだことがないという理由だったりします。しかし、彼らは離婚や仕事など、引っ越しせざるを得なくなったさまざまな事情を抱えています。
そんな悩みを見抜いて、気持ちを癒やすようなピッタリな物件を紹介するのが重田姉妹の得意技!

あいみょんさんの曲はこのドラマのオープニングテーマに。その楽曲『生きていたんだよな』は、生々しい表現を織り交ぜながらも、生きることについて考えさせられる歌詞が印象的な1曲です。
それはドラマ内で物件を探しに来た人の、一生懸命生きているはずなのに、なぜかうまくいかないところと重なるかも。

あいみょんさんの歌も味わいながら、ぜひこのドラマも楽しんでください!

『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』
■放送:2016年10月~12月 テレビ東京系
■キャスト:大島美幸、安藤なつ ほか
■原作:マキヒロチ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』
■スタッフ:脚本・山田あかね/監督・菅井祐介 ほか
■公式:https://www.tv-tokyo.co.jp/kichijoji/
■視聴できるVOD:U-NEXT、Paravi

 

『獣になれない私たち』

野木亜紀子さんが脚本を担当し、新垣結衣さん、松田龍平さん主演の『獣になれない私たち』。仕事も恋もこんがらがってしまった男女が織りなすラブかもしれないけど、ちょっと違う物語。

完璧に仕事をこなすけれど、何のために社長の無茶振りに応えているのかわからなくなった挙げ句、いい加減、彼氏と同棲したいと思っているのに、なぜか元カノが彼の家に住み着いていて、仕事も恋も悩みが多い新海晶(新垣結衣)。
一方、会計士の根元恒星(松田龍平)は、一見、何もかもうまくいっているように見えるけれど、彼もまたうっかり手を出したやばい案件や、交際中の彼女が、突如別の男と結婚することになり、仕事に恋に悩んでいた。
獣のように本能のまま生きられたらどれほど楽かと思っているふたりが、常連のクラフトビールバーで出会ったことで、変えられないと思っていた日々を自ら変えていくようになり……。

自分の体裁やこうしないと生きていけないと思っていて、なかなか現状の問題を解決しようとしてこなかった晶と恒星。
このドラマの主題歌となった『今夜このまま』は、彼女たちのどん詰まった日常とそこから解放されたいという気持ちをうまく表現している楽曲です。

ドラマでは、紆余曲折ありながらも、ふたりが自分で自分の道を切り開いていきます。そんな風に現状を変えていきたいと思っているときにこの作品を観て、あいみょんさんの主題歌を聴けば、何かを変えていく勇気がもらえるかもしれません。

『獣になれない私たち』
■放送:2018年10月~12月 日本テレビ系
■キャスト:新垣結衣、松田龍平、田中圭、黒木華、菊地凛子 ほか
■スタッフ:脚本・野木亜紀子、演出・水田伸生
■公式:https://www.ntv.co.jp/kemonare/
■視聴できるVOD:Paravi、Hulu

 

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』

佐々木倫子さんのマンガを原作に、石原さとみさんが主人公を演じたレストランコメディ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』。

黒須仮名子(石原さとみ)は、オーナーとしてフレンチレストラン『ロワン・ディシー』を開店する。そのオープニングスタッフとして自らスタッフをかき集めるも、あるレストランで冴えないシェフドラン(上級ウェイター)として働いていた伊賀観(福士蒼汰)、三ツ星レストランに勤めていたことがるシェフ・小澤(段田安則)以外は、コミドラン(ウェイターアシスタント)の川合(志尊淳)は元美容師見習い、ソムリエの山縣(岸部一徳)は元銀行員、店長の堤(勝村政信)は元牛丼屋店長とほぼ素人同然。
それでもなぜ彼女が満足しているかというと、お客様のためではなく、自分が「心ゆくままお酒と食事を楽しみたい」というだけでお店をつくったから。
そんな仮名子のわがままと得意のハッタリに振り回されながらも、スタッフたちは彼女の意に反してお店を軌道に乗せていく。

このドラマの主題歌は『真夏の夜の匂いがする』。
作品に登場するフレンチレストラン『ロワン・ディシー』は、どの駅からも遠く、墓地に近く、どうしようもなく悪い立地で開店したという設定。スタッフも諦観の笑みを浮かべるほど仮名子の思いつきに付き合わされていますが、それが返って店の不思議な魅力に。
主題歌の歌詞と照らし合わせると、なぜか惹かれてしまうレストランの存在感と重なります。

主題歌の軽快なサウンドとともに、このレストランコメディも楽しんでください。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』
■放送:2019年7月~9月 TBS系
■キャスト:石原さとみ、福士蒼汰、志尊淳、勝村政信 ほか
■原作:佐々木倫子『Heaven? ご苦楽レストラン』
■スタッフ:脚本・吉田恵里香/演出・木村ひさし ほか
■公式:https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/
■視聴できるVOD:dTV、TELASA、Paravi、Hulu、U-NEXT

 

『私の家政夫ナギサさん』

四ツ原フリコさんのマンガを原作に、多部未華子さんが主人公を演じ、2020年に大ヒットしたラブコメディ『私の家政夫ナギサさん』。

製薬会社の営業職であるMRとして働く相原メイ(多部未華子)は、営業成績1位の仕事ができる女子。何もかも完璧なように見えて、実は恋愛が苦手で、家事は大の苦手。家に帰れば散らかり放題。
そんな彼女を見かねた妹で家事代行サービスの仕事をしている福田唯(趣里)が、彼女の部屋にスーパー家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)を送り込む。最初はおじさんに家事代行してもらうことを拒むメイだったが、妹に説得されしぶしぶ雇うことに。
そんななか、ライバル会社のMRである田所(瀬戸康史)が営業としての頭角を現してきて気が気じゃない。しかもメイは彼のことをライバル視して遠ざけていたのに、向こうから彼女へ急接近してきて……。

田所とは距離が近くなり、ナギサとは日々家事代行してもらうことで癒やされるように。そんなふたりとメイとの関係性がどう変化していくのかがみどころ。

主題歌は『裸の心』。2020年の紅白歌合戦であいみょんさんが披露した楽曲なので、聴いたことがある人も多いはず。
仕事一辺倒で過ごしてきたメイだけど、ふと素直な気持ちで自分の心を見つめてみたときに、本当に好きな人が見えてくる……というドラマの流れにマッチした歌詞です。

このバラード調の楽曲を聴き、不思議とほっこりするこのドラマを観て、ときめきつつ、癒やされてください。

『私の家政夫ナギサさん』
■放送:2020年7月~9月 TBS系
■キャスト:多部未華子、大森南朋、瀬戸康史、真栄田郷敦 ほか
■原作:四ツ原フリコ『家政夫のナギサさん』
■スタッフ:脚本・徳尾浩司、山下すばる/演出・坪井敏雄、山本剛義
■公式:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/
■視聴できるVOD:Paravi

 

『コントが始まる』

現在放送中の『コントが始まる』。菅田将暉さんや有村架純さんが出演している若者たちの人生の葛藤を描いた物語です。

高岩春斗(菅田将暉)、美濃輪潤平(仲野太賀)、朝吹瞬太(神木隆之介)の3人は高校のときの同級生で、約10年、お笑いトリオ『マクベス』として売れない日々を送っている。
その彼らを心の支えにしていたのが、彼らがネタ打ち合わせをしていたファミレスで働いている中浜里穂子(有村架純)だった。
しかし、彼女が初めてマクベスのライブに訪れた日、彼らは解散を発表。その帰りに春斗があることの真相を尋ねるため里穂子に声をかけたことで、彼女の妹・つむぎ(古川琴音)を巻き込んで、マクベスの三人と姉妹の交流がはじまるのだが……。

解散を決めたものの、やっぱり続けるか悩む三人。仕事とプライベートの人間関係に挫折し、がんばれなくなった里穂子。廃人となった彼女を支えることで生きがいを感じていたつむぎ。誰ひとり今の状況がいいとは思っていないけれど、それを変えるための一歩を踏み出すまでにものすごく悩み苦しみます。

主題歌の『愛を知るまでは』は、そんな彼らの悩める状況をうまく表現している楽曲です。でも、どこか未来に希望が持てる歌詞が魅力。

ドラマの結末も、あいみょんさんが歌う主題歌のように、登場人物たちも観ている側も納得できるような明るいものであることを期待してます。

『コントが始まる』
■放送:2021年4月17日~ 土曜日 日本テレビ系 22:00~
■キャスト:菅田将暉、有村架純、仲野太賀、古川琴音、神木隆之介 ほか
■スタッフ:脚本・金子茂樹/演出・猪股隆一 ほか
■公式:https://www.ntv.co.jp/conpaji/
■視聴できるVOD:Hulu

 

耳なじみのいいサウンドと、ときには辛辣な歌詞がドラマにマッチ!

あいみょんさんの楽曲は、ポップで耳なじみのいいサウンドのなかに、ドキッとするような辛辣な言葉が散りばめられているのがユニークなところ。
でもそれこそ、生きていれば、ポジティブなときも、ネガティブなときもある……そういった人間の揺らぐ気持ちを的確に表現しているからこそ生まれてくる言葉だと感じます。だからいろいろな人に受け入れられるのでしょう。
しかも、オープニングテーマや主題歌になったドラマも、そういった人間の葛藤が色濃く出たストーリーがほとんど。
ぜひ、楽曲を堪能しつつ、今回紹介したドラマも味わってみてください!

WRITER

  • Togawa Hikari
  •        

  • 女性サイトの編集を経てフリーライターに。女性向けのライフスタイル系記事や、ドラマ好きが高じてレビュー記事を手がけることも多いです。伏線ありの、うまくつくられた物語が大好物。過去のドラマの掘り起こしも大好き。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ