西島秀俊と内野聖陽演じる同性カップルの葛藤も!ドラマ『きのう何食べた?』がグルメ作品以上に素晴らしい理由

うちのテレビは映らない。

こんにちは、ライターの藤間紗花です。

我が家の43インチの液晶テレビには、地デジ放送が映りません。チャンネルボタンを押しても映るのは暗闇だけ。

ではなぜ液晶テレビがあるのかといえば、大きな画面でAmazonプライムビデオなど動画配信サービスを楽しむためです。

この連載では、テレビでネット動画を楽しむ私が、個人的おすすめをレビュー&レコメンドしていきます。

グルメ漫画はお好きですか?

突然ですが、みなさんはどんなジャンルの漫画をよく読みますか?

この連載で度々“少年漫画好き”を公言してきた私ですが、実は大人になってから一番よく読んでいるのって、グルメ漫画かもしれません……!

何せ私は食べることが何よりも大好き。実家を出て自炊するようになってからは、グルメ漫画を参考にして作ったことのない料理にチャレンジもし、“料理本”としての楽しみ方もするようになったんですよね。

そして数多くのグルメ漫画のなかでもとくによく参考にしているのが、『きのう何食べた?』のシロさんのレシピ。

 

 

『モーニング』にて連載中のよしながふみ先生の漫画で、シロさん・ケンジの中年男性カップルの食生活がメインで描かれている作品です。作中でシロさんが作る料理が、どれも健康的でおいしそうなんですよね~~!

2019年には西島秀俊さん内野聖陽さんで実写ドラマ化もされており、原作に登場したメニューも忠実に再現されています。当時、「シロさんのごはんも実写化してる!」とうれしく思ったものです。

さらに、2021年内には劇場版も公開予定。それに先駆けて、YouTubeではシロさんのレシピ動画が配信されています。

 

観ているだけでよだれが出そう……。

もちろん、登場するごはんだけでなく、ストーリーも魅力的なんです。

というわけで今回は、Amazonプライムビデオなどで配信中の、ドラマ『きのう何食べた?』の魅力について詳しくご紹介します!

シロさんとケンジの、おいしい暮らし。

まずはあらすじからご紹介。

主人公は、街の小さな法律事務所で働く43歳の弁護士、筧史朗・通称シロさん(西島秀俊)

ある日、何気なく同僚から「きのう何食べた?」と聞かれた彼は、スラスラと前日の献立を答えます。そんなシロさんの姿に、「彼女と同棲中みたいだけど、あの様子だと筧先生が作ってる。きっとすんごいお金かけてるんですよ」と事務員たちはひそひそと話します。

しかし、実際には、定時で事務所を出た後、近所の安売りのスーパーで買い物することを日課にしているシロさん。食材は安売りのものしか買わず、調味料も底値のものしか買いません。

さらに「彼女と同棲中」と思われているシロさんには、実は矢吹賢二(内野聖陽)という同棲中の男性のパートナーがいます。将来を考え貯金のために安売りの食材を買い、その食材で健康的な料理を作り、ケンジと食卓を囲むというのが、シロさんのルーティーンなのです。

仕事にプライベートを持ち込まない主義のシロさんは、職場の人たちにゲイであることを打ち明けていません。一方、美容師であるケンジは、スタッフにもお客さんにもオープンに話すスタンス。

そのせいでシロさんは、偶然店の外で出くわしたケンジのお客さんに「この人が弁護士でかっこいいけど、女役の彼ね?」などと言われてしまうこともあり、喧嘩に発展することも。

それぞれの価値観の違いや同性カップルであるゆえの葛藤もあり、ぶつかり合うことも多い2人ですが、おいしいごはんを食べればなんとなく仲直り。作中では、2人がおいしいごはんを通して、日々絆を深めていくさまが描かれています。

リアリティのある、カップルの切ないすれ違い。

おいしいごはんの描写だけでなく、現実のカップルのようなリアリティあるすれ違いや、それぞれの抱える悩みが、繊細に描かれていることも『きのう何食べた?』の魅力です。

ドラマ版では、西島さん・内野さんの細やかな演技により、エピソードのひとつひとつにますます深みが生まれています。

とくに印象に残ったのが、第3話に登場するこんなエピソード。ここからは少しだけネタバレを含みます……!

シロさんにとって、目下の悩みは、ゲイである自分のことを過剰に心配してくる母親(梶芽衣子)の存在でした。

ゲイであることを否定するわけではないにせよ、「あなたがゲイでも犯罪者でも受け入れる」と宣言したり、理解あるとは言いにくい母。父親(志賀廣太郎)も「お前はどんな女なら平気なんだ?」と尋ねてくるなど、帰省するとなんとも気まずい気持ちになるのでした。

実家から帰ると、「実家はどうだった?」とケンジに訊ねられたシロさん。とっさに愚痴をこぼそうとしますが、思い直して「いや、なんでもない」と口をつぐんでしまいます。

さらに、数日後、父親が食道がんの手術を受けることになったという報せがシロさんに入り、自分に何かできることはないかとケンジが尋ねます。しかし、シロさんの返事は「べつに」というそっけないものでした。

おそらく、シロさんの中には「ケンジに心配をかけたくない」という想いがあるのですが、家族同然の関係でありながら大事なことは話してくれないシロさんに、ケンジは寂しさを募らせていきます。

これってものすごく……カップル、ひいては夫婦間のあるあるだと思うのですが……!

お互いがお互いを思いやるあまり生まれてしまう、切ないすれ違いですよね。2人の優しさゆえに生じた摩擦とわかっていても、見ている側としてはなんとも歯がゆいもの……。

しかし、ある依頼者さんから言われた「しんどいとき、誰か1人でも親身に話を聞いてくれる人がいるだけで安心する」という言葉で、シロさんの思いに変化が。親身に話を聞いてくれる人と言われて、思い浮かべたのはケンジの姿だったのです。

その晩、シロさんは「オヤジのことでなにかあったときには、話を聞いてもらってもいいかな」とケンジに頼みました。やっと自分を頼ってくれたシロさんの言葉に、思わずケンジの目には涙が。

もう、この、必死で涙をこらえるケンジの顔が、いじらしくてかわいくて……!

このあと、涙ぐんだのをさとられないように、「聞くよお~!」と茶目っ気たっぷりに答える姿もまたいじらしいんです。

これまでにもドラマや映画などで内野さんの演技は観たことがありますが、彼に対して「かわいい!」という感想を持つのははじめて。無理に原作のケンジに寄せすぎていない自然な演技が、またリアリティを感じさせてくれるんですよね!

さらに、西島さんの演技も素晴らしいんです。想いを口に出せないときの気まずそうな表情、料理をしているときの少しだけ口角の上がった楽しそうな表情……。「シロさんが実際に生きている」という感覚を味わわせてくれる演技は、原作ファンにとってとてもうれしいものです!

おいしいごはんに食欲が刺激され、2人のやりとりにキュンとときめかされること間違いなし。ドラマ『きのう何食べた?』が気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

 

ドラマ『きのう何食べた?』はコチラから

原作『きのう何食べた?』はコチラから

WRITER

  • 藤間紗花
  •        

  • 自然と犬を愛するフリーライター。埼玉県出身、東京都在住。山に登る以外は、だいたい家で動画を観ています。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ