古川琴音、”神ヒーロー”は東京03・飯塚悟志「何でもノッてくださる」

 

5月30日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、ドラマ『コントが始まる』(同局系)に出演中の女優・古川琴音が登場し、“私の神ヒーロー”として以前ドラマで共演した俳優顔負けのお笑い芸人・東京03の飯塚悟志の名を挙げた。

 

古川琴音「一緒だった現場は楽しかったです」

番組序盤、東野幸治からやたらとアプローチされる古川。「『コントが始まる』を見てて、古川さんのメチャメチャ大ファンなんです」と話した後「女優としての力はもちろん、今後スターになっていきます。でも嫌な人が近づいてくるだろうから、あなたには僕のような東京のお父さんが必要ですよ」と続けて古川も苦笑い。古川が「中・高・大学と演劇サークルに入ってて、3年後くらいに『コントが始まる』に出演させていただきました」と過去の経緯を語ると、東野はドラマの内容を詳しく説明。後藤から「メチャメチャ好きやな!」とツッコまれていた。

 

そして、番組の企画では「私の神ヒーローSP」と題し、出演者達にとってのヒーローが明かされる。古川が紹介したのは、お笑いトリオ・東京03の飯塚悟志で、ドラマの現場では古川の無邪気な遊びに優しく付き合いつつも、本番では真剣な表情で演じる姿に古川は感銘。彼曰く「芝居をするんじゃなくて、反応するだけだから」という『名言』に古川はいたく感心したと明かされた。

 

スタジオにて古川は「飯塚さんは本当に優しくて、私が『遊ぼ、遊ぼ!』って言うと何でもノッてくださるんですよ」と話し「一緒だった現場は楽しい思い出しかなかったです」と続けて皆感心の声を漏らした。

 

後藤から「他にヒーローだった人はいますか?」と聞かれた古川は「高校の時(シンガーソングライターの)マイケル・ジャクソンが好きでした」と回答。これに後藤は微妙な顔つきとなり「そっちを先に言ってくれたら良かったんですけどね」とコメント。古川も思わず吹き出していた。

※トップ画像は『行列のできる法律相談所』公式Twitter(@gyoretsu_ntv)より

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ