『さんま御殿』で“クラスター”発生!? 出演者が続々と新型コロナに感染…

まいじつ

『さんま御殿』で“クラスター”発生!? 出演者が続々と新型コロナに感染… 
画/彩賀ゆう(C)まいじつ

未だに猛威を振るっている新型コロナウイルス。当初はテレビ番組でもリモート出演やマウスシールドなど、さまざま感染対策が取り組まれていた。しかし、長く続く〝withコロナ〟の生活に気が緩んでしまったのか、番組の対策はどんどん甘くなってきた印象。そしてついに、芸能界でも〝クラスター〟が発生したと疑いの目が向けられている。

5月になってから芸能界では、『かまいたち』の濱家隆一と山内健司、『次長課長』の河本準一、俳優の曽田陵介が新型コロナウイルスに感染。一見するとなんの関わりもないように思えるが、彼らには意外な共通点がある。それは6月1日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演していたということ。

この日の番組では、地元が好きな芸能人が集結し、各々が地元についてトークを展開。マウスシールドの装着やパーテーションもなく、席の間隔が若干空いていること以外は、新型コロナ以前と同じスタイルで番組を進行していった。

原因は『さんま御殿』? 感染対策が甘いと話題に


十分に対策されていなかったことや、同番組の出演者から4人の新型コロナウイルス感染者が報告されたことから、ネット上では、

《さんま御殿、最近コロナなった方々が出てらっしゃるけども…》
《確実にこの収録で感染広がってるやん。多少距離とっただけで、マウスガードとプラ板すらない》
《さんま御殿に出てる「かまいたち」のお二人も河本さんも曽田くんもコロナ感染されてるし、今日の出演者は陽性率高めね》
《えっ曽田くんもコロナ陽性なの…?『さんま御殿』完全なるクラスターじゃん…》
《さんま御殿見てる。出てる人コロナ率高いな… この収録で?》
《なんかコロナにかかっちゃった人多いなぁ…》
《今日放送のさんま御殿、演者がコロナガンガンかかってるから多分ここで感染したんじゃないかなと思う》

などと、「さんま御殿」でクラスターが発生したのではないかという指摘が相次いだ。

真偽は不明だが、「さんま御殿」の出演者から多くの新型コロナウイルス感染者が発生したのは事実。感染対策も十分に行っていないところを見ると、疑われるのも仕方のないことだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ