深田恭子の病気を軽視?『アッコにおまかせ!』配慮のなさに怒りの声

まいじつ

深田恭子の病気を軽視?『アッコにおまかせ!』配慮のなさに怒りの声 
(C)まいじつ 

5月30日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)は、〝適応障害〟のため芸能活動を休止した深田恭子について特集。しかし、病気を甘く見た〝復帰予測〟が紹介され、視聴者たちから批判の声が殺到している。

特集では適応障害の症状を解説し、活動休止直前に深田を取材した記者が明かした当時の様子を紹介。そして番組が独自に専門医へ取材した内容も取り上げられて、「うつ病より比較的早く治る」といった情報が明かされる。また「早ければ1カ月で適応障害が良くなる方もいます」と過去の事例も。しかも〝1カ月〟の部分を強調するような物言いで、〝あくまで医師の意見〟と前置きはしていたものの、軽い病気と言わんばかりの紹介をしていた。

軽々しいだけじゃない?“激務の深田”を隠す一幕も


まるで〝1カ月で復帰〟を助長するような報道に、視聴者たちは激怒。ネット上には、

《適応障害軽く見ないで。病気はその時、治癒したって身体のリハビリや心のリハビリ必要だし。まともな大人なんだから思い込みを安易に軽い発言しないでもらいたい》
《アッコにおまかせでの早ければ一カ月で適応障害が治るって言い方やめたほうがいいと思う。一カ月に治るくらいの病気じゃんって視聴者には認識されるよ》
《深田恭子のことはほっといてあげたらいいのに…。こういう症状とかって言っても人によって違うし一カ月で治るとか言わないでいい》

などと厳しい指摘の声が続出している。

また今回の特集では深田の仕事にまつわることには一切触れず、〝コロナによるストレス〟というフレーズのみを使用する一幕も。そのため一部視聴者からは、

《うわ、深田恭子の『適用障害』になった原因、過労じゃなくてコロナのストレスって事にしてるwww ホリプロが働かせすぎてたの隠してるの闇だな》
《1日18時間労働を3週間強いるホリプロ、深田恭子さんの適応障害をコロナのせいだとすり替える事務所のドン和田アキ子、恐ろしいな》

といったツッコミも寄せられていた。

深田が所属している『ホリプロ』は、同番組の司会・和田アキ子も所属する事務所。もしも売れっ子の深田が〝過労〟で病になっていた場合、和田が務める番組内では紹介することは到底できないだろう。そのため早めに復帰してほしいという願望も込めて、このような報道にいたったのかもしれない…。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ