熊田曜子、“不倫疑惑浮上”で夫と泥沼化 ママタレとしてのイメージダウンは避けられず?

wezzy


 5月21日配信の「文春オンライン」で、熊田曜子の夫が彼女に対するDVで逮捕されたと報じられてから1週間あまり。報道後、熊田はそれについて特に触れていないが、今度は熊田本人に不倫疑惑が浮上していると6月1日発売の「FLASH」(光文社)が報じている。

熊田の夫の友人だというA氏が証言したところによると、熊田は今年の2月頃から不審な行動をするようになったという。今年4月には熊田の手帳に<原宿にランチ>との文言とともに、ハートマークや熊田がよく出演しているテレビ番組名が書かれているのを偶然目にした夫が、熊田に対して「ランチの後はどこに行ったのか」と尋ねたところ、彼女は激しく動揺したとのこと。

熊田に不信感を持った夫は、A氏のすすめで不在中の自宅の様子を録音。すると、熊田が友人らしき相手と電話で話している様子が録音されており、その中で熊田は、夫に原宿ランチ後の行き先を尋ねられた時のことについて<マジ、手、震えたもん><確実な証拠は絶対掴んでない><世間にバレた方が終わる>などと話していたという。

夫はその後、前述の電話の録音データの存在を熊田に明かし、話し合いをしようとしたが、熊田は布団から出てこず、応じようとしなかった。そんな熊田に対して夫が布団を跳ね上げた時に、手が熊田の顔に当たったことから、「文春オンライン」で報じられたDV逮捕につながったのだという。

なお、熊田の代理人弁護士は不倫疑惑を<全くの事実無根>として否定している。

熊田は以前からSNSで、夫は仕事が忙しいために不在であることが多く、子育てに非協力であると不満を訴えていた。

2019年6月12日には、ばつ印をつけた手料理写真を<朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ>とのコメントとともにInstagramのストーリーズで公開したこともあり、ネットでは「夫のモラルハラスメントでは」と指摘する声が相次いでいた。

こうした経緯もあり、前述のDV逮捕が発覚した際には熊田に多くの同情が集まったが、不倫疑惑が浮上したとなれば風向きが大きく変わる可能性もある。

熊田はイメージが重要視されるママタレとして活動しており、YouTubeなどでもママならではの動画を多数公開していたが、今回の報道によりそうした活動に支障が出る恐れもあるだろう。実際、元モーニング娘。の後藤真希は人気ママタレとして活躍していたが、2019年3月の不倫報道以降はママタレとしてのメディア露出はほとんどなくなっている。

現在は熊田・夫双方が弁護士を立てて話し合いをしているというが、それぞれ言い分が食い違っていることもあり、泥沼化は免れないだろう。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ