『コントが始まる』第7話あらすじは?菅田将暉の涙にもらい泣き…解散マクベスの思い出話がグッとくる

※画像は『コントが始まる』公式Instagram(@conpaji_ntv)より

 

菅田将暉さん、神木隆之介さん、有村架純さんら豪華共演で話題のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、毎週土曜よる10時)。第7話が5月29日に放送されました。

 

『コントが始まる』ってどんなドラマ?

本作は、同系列のドラマ『俺の話は長い』で向田邦子賞を受賞した金子茂樹氏によるオリジナル脚本の群像劇。

 

高岩春斗(菅田将暉さん)、朝吹瞬太(神木隆之介さん)、美濃輪潤平(仲野大賀さん)によるお笑いトリオ「マクベス」は、売れないまま結成10年目を迎えようとしていました。

そんなマクベスが通うファミレスでパートとして働いているのが、ヒロインの中浜里穂子(有村架純さん)。里穂子は、マクベスが週に1回、打ち合わせのため店にやってくるうちに彼らのファンになってしまいます。そんな里穂子を見て一緒に暮らす妹の中浜つむぎ(古川琴音さん)は不思議そうに首をかしげますが、そんなつむぎをよそに里穂子はマクベスにのめり込んでいきます。

意を決して、初めてマクベスの単独ライブを訪れた里穂子でしたが、そこで発表されたのはマクベスの解散。ショックを隠せない里穂子でしたが……。

 

ドラマ冒頭で行うマクベスのショートコントが物語の前フリとなっているという作りも視聴者の期待を高めています。

『人生』とは壮大な『コント(喜劇)』である!? 

コント師である3人の男と、彼らと出会った姉妹の人生はどのように動いていくのか……。

 

解散を間近のマクベス、それぞれがこれからの人生に迷いを抱える日々。『コントが始まる』第7話ではどうなったのでしょうか。あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第7話のあらすじは?

解散が間近に迫った、お笑いトリオ・マクベスの高岩春斗(菅田将暉さん)、美濃輪潤平(仲野太賀さん)、朝吹瞬太(神木隆之介さん)。彼らや彼らに深い関わりのある人たちは「次の人生」を模索し始めていた。

 

マクベスのファンである中浜里穂子(有村架純さん)は、人生で一度は挫折したものの、妹のつむぎ(古川琴音さん)の甲斐甲斐しい世話もあり徐々に立ち直りかけていた。しかし、同居していたつむぎが家を出ることを決め、アルバイト生活をしていた里穂子は今後を真剣に考え始める。春斗に対し「正直怖いですけど、前に進むと決めたので」と自らを奮い立たせるように決意表明し、潤平の彼女である岸倉奈津美(茅根京子さん)の仲介によって、久々にスーツを着こなし企業の採用面接に臨んだ。

 

潤平は実家の酒屋を継ぐ決意を固めていたが、父である龍造(金田明夫さん)から「本気で酒屋を継ぐ気はあるのか」と諭され改めて自分の中で熟考。春斗、瞬太と共同生活していたマンションをトリオが解散する前に出払い、実家に帰る事になるかもしれない、と2人に告げる。

 

瞬太は、つむぎを妹のように可愛がっていたが、実はつむぎは瞬太の事を好きなのでは、と周囲から聞かされ自分の気持ちの鈍感さに気づく。とある夜の帰り道、瞬太はつむぎにキスをし、つむぎを真剣な交際相手として考えるようになった。

 

それぞれが新しい人生のスタートを切ろうとする中、マクベスの3人はある区切りを迎える。高校時代から瞬太が運転手役となり、地方のライブなどでもフル活用していた愛車を売却する決断を下したのだ。3人は最後の車に対する「お礼」として洗車を行う。洗車中、高校時代から今まで10年以上お世話になってきた車に関する思い出を次々と語り合う3人。皆大爆笑の展開となるが、ふと春斗は寂し気な表情を見せ「この車の中にマクベスの歴史が全部詰まってるんだぞ。別れるまで気づいてやれなかったけど、こいつ、4人目のマクベスだったんだな」と大粒の涙を流す。瞬太も「自分の愛車を4人目のマクベスと言ってもらって、本当に幸せだよ」と嬉しそうな表情を浮かべた。そして3人は丁寧に、別れを惜しむように車を洗い続けるのであった。

 

瞬太とつむぎの関係に変化が……

里穂子の家を出て、一人暮らしをすることになったつむぎ。瞬太と遊びに出掛けたつむぎはインテリアショップでどちらの色のソファが良いか尋ねます。

しかし、煮え切らない態度の瞬太。引っ越したら、遊びに来て自分だって座るんだからいいじゃないか、妹みたいに思っているなら意見言ったっていいじゃないか、とつむぎは畳みかけますが、瞬太は笑ってごまかすばかり。その場はケンカ別れしてしまいます。

好きでもない男にミートソース作ってやるほど女は暇じゃない、とつむぎが働くスナック「アイビス」のママ・良枝(松田ゆう姫さん)が瞬太に言います。

でも、瞬太だって本当は気がついていたのでは? だから、ソファに色も言えなかった。だって、意見を言ってしまえば、つむぎはソファを見るたびに瞬太のことを思い出してしまうでしょう。

そんな瞬太がつむぎに送ったメッセージというのがなんとももう……!

最初にゲーム(ぷよぷよ)のシーンを見せていたのはこういうことか! っていう。それも、つむぎがゲーセンに来て、メッセージに気がついてくれるかもしれない、という真っすぐさ。つむぎの瞬太へのメッセージの返し方もらしい、というか。

面倒見の良いつむぎに、母親に反発心を抱き、早くから自立しようとしていた瞬太。バランスの良いパートナーになれるといいのですが。

 

しかし、瞬太のキスシーン、力強さとかわいらしさが混在していて、ウッ、胸が苦しい……。

 

 

マクベスの3人の10年を共有

マクベスの活動と共にあった車を売却することにした瞬太。そんな車との思い出にあふれていた今回。3人が懐かしそうに話すシーンは、視聴者が知らないエピソードがほとんど。でも、彼らのあまりにも自然なやりとりに、「そうそう、そんなこともあったね」とうなずいてしまいそうになります。

里穂子が仕事をやめた日のことを語るシーンもそうですが、回想で見せず、彼ら自身の言葉だけで伝えてくれるからこそ、記憶の共有ができるのかもしれません。

車を洗いながら、マクベスの4番目のメンバーだったと語り涙をこぼす春斗。これからそれぞれが住む家のことだったり、マクベスを解散したあとのことだったり。少しずつ別れが近づいてきているのが分かります。見ている視聴者も思わずグッときてしまうシーンでした。

里穂子も再就職のために動き始め、4人は新しい道を模索していきますが、そんな中、春斗だけが立ち止まったまま。春斗が選ぶ道はいつ見えてくるのでしょうか。

 

 

どうなる第8話!?

引っ越しを間近に控え、些細なことでケンカしてしまう中浜姉妹。

一方、マネージャー楠木(中村倫也さん)とマクベスの過去についても……。別れが近づきある中、次回の展開も目が離せません!

 

 

見逃し配信サービスも!

第7話を見逃したという方は、民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』および『日テレ無料TADA!』で期間限定で無料配信。この機会にお見逃しなく。また、『hulu』でも配信(無料トライアルあり)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『日テレ無料TADA!』

『hulu』

 

過去放送分もチェック

『コントが始まる』第1話あらすじ

 

『コントが始まる』第2話あらすじ

 

『コントが始まる』第3話あらすじ

 

『コントが始まる』第4話あらすじ

 

『コントが始まる』第5話あらすじ

 

『コントが始まる』第6話あらすじ

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ