小島瑠璃子、固定観念や差別と闘う大坂なおみ選手を思い「次元が違い過ぎる」 ツイートが共感呼ぶ

女子テニス・世界ランク2位の大坂なおみ選手(23)が、全仏オープンで試合後に会見拒否した件を巡り大会を棄権すると発表した。2018年の全米オープン以降、うつ病に悩んでいたことを明かしており、当面はコートから離れるという。タレントの小島瑠璃子(27)が様々な理不尽と闘う大坂選手の重圧を思いSNSで心配したところ、その言葉が反響を呼んでいる。

大坂なおみ選手は5月30日に全仏オープンの1回戦で勝利したが、宣言していた通り記者会見に応じなかった。会見での質問がアスリートのメンタルを考慮していないため拒否するという理由で、それに科せられる罰金はメンタルヘルスのチャリティーに充てられることを望んでいると主張していた。記者会見拒否が賛否を呼んだため、31日にはSNSで自身が望んでいる状況ではなく「選手たちが試合に集中できるよう、私が辞退することがベストだと考えた」とツイートした。さらにこれまでうつ病に苦しんできたことを告白して、このたびのパリでも不安を感じていたため記者会見を拒否した方がよいと判断したという。

そんななか小島瑠璃子が6月1日、Twitterで「戦っている大坂なおみさん。自分と、プレッシャーと、固定概念と、差別と。どれもきっと物凄く悩みながら。想像も出来ないような重圧が、彼女の背中にのしかかっているんでしょうね」と胸中を思って「次元が違い過ぎる」としみじみつぶやいた。するとフォロワーから「大坂選手もそしてそれを理解してツイートしてくれるこじるりも両方素敵です!!」、「このツイートをされた小島瑠璃子さんの気概をリスペクトします」と反響があった。「それはアスリートだけじゃないし芸能人である小島瑠璃子さんだってそうだと思いますよ。毎日プレッシャーとの戦いですし」という声も寄せられたが、小島は昨年8月に「SNSだろうと誹謗中傷はしてはいけない」と訴えており、なおさら大坂選手にシンパシーを感じたのかもしれない。

大坂選手は昨年の全米オープンで警察に人種差別的な暴力を受けた黒人犠牲者たちの名前が書かれたマスクをして試合に臨み、「Black Lives Matter」の意思をアピールして世界中の共感を呼んだが、このたびの会見拒否に対しては賛同する声ばかりではない。北京五輪・競泳メダリストでタレントの宮下純一氏は、TBS系情報ワイド番組『ひるおび!』で「大坂選手が会見拒否を主張する姿勢に『記者会見で答えているから今の人気があるのではないか』と違和感を覚えるテニスプレーヤーは少なくない」と解説していた。

ちなみに大坂なおみ選手は以前にテレビ番組でインタビューを受けた際、好きな日本語は「やりたくねえことやってる暇はねえ」だと話したことがある。THE BLUE HEARTSの楽曲『ブルースをけとばせ』に出てくる一節と同じだが、大坂選手は当時ラップで日本語を勉強しており、ラッパー・Keith Apeの楽曲『It G Ma(feat. JayAllDay, Loota, Okasian & Kohh)』のなかで「ガムを噛みながら聴いてるブルーハーツ」とリスペクトして引用した『ブルースをけとばせ』の歌詞を聴いて気に入ったようだ。小島瑠璃子がこのたび「笑って心からリラックス出来る時間があるといいなと思います」とツイートしたように、大坂選手がやりたくないことを気にせずにテニスを思う存分楽しめる日がくることを願うばかりである。

?t=291

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ