「ノイタミナ presents シネマティックオーケストラコンサート」 本日サラ・オレインがゲスト登場、生配信&アーカイブあり!

Rooftop


unnamed.jpg

フジテレビの深夜アニメ枠“ノイタミナ”の放送開始15周年を記念した「ノイタミナ presents シネマティックオーケストラコンサート」が、 5月29日(土)に東京国際フォーラムホールCで開幕。 (本公演は、 緊急事態宣言発令に伴う措置をふまえ、 新型コロナウイルス感染症対策を実施し、 定員の50%という来場者制限のもと 開催 )

今回の公演は、 米田覚士の指揮のもと、 「図書館戦争」の“図書館戦争 -メインテーマ-”や、 「四月は君の嘘」の“友人A君を私の伴奏者に任命します”、 「約束のネバーランド」から“The Promised Neverland Main Theme1”など、 それぞれのシーンを彩った名曲たちを、 東京21世紀管弦楽団が生演奏で披露。 ドラマティックで壮大な「図書館戦争」、 ポップで軽やか、 それでいてどこか切ない「四月は君の嘘」、 異国情緒に溢れエキゾチックな「約束のネバーランド」と、 音楽のテイストは異なるものの、 演奏の緩急に合わせて映し出される数々の名場面、 映像と呼応しながらさらに輝きを増す楽曲群、 それらをリンクさせながら進んでいく圧倒的な展開は、 今回の公演の大きな見どころ。

熱のこもった指揮の米田と、 それに応えるように音を奏でる東京21世紀管弦楽団はもちろん、 各作品の作曲者である菅野祐悟(「図書館戦争」)、 横山克(「四月は君の嘘」)、 小畑貴裕(「約束のネバーランド」)がピアノで数曲参加し、 自らの楽曲を届けたこともまた、 “ノイタミナ”放送開始15周年を記念した「ノイタミナ presents シネマティックオーケストラコンサート」ならでは。 オーケストラのダイナミックなパフォーマンスと、 今回のために編集された特別映像を心行くまで堪能できるこれまでにない試みに、 観客からは惜しみない拍手が送られました。 音楽を軸に、 作品の新たな魅力に出会える、 特別なコンサートをお見逃しなく。

30日は、 「約束のネバーランド」の挿入歌“イザベラの唄”を歌唱するサラ・オレインが登場。 本日を含む2日間4公演は、 配信(アーカイブ期間あり)でもご覧いただける。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ