木下優樹菜“3億円賠償”報道に相次ぐ批判! 元夫・フジモンにも飛び火…

まいじつ

木下優樹菜“3億円賠償”報道に相次ぐ批判! 元夫・フジモンにも飛び火…
画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

元タレントの木下優樹菜氏がモデルを務めていた美容用フェイスマスクの化粧品会社が、木下氏や元所属事務所、広告会社を相手取って、約3億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことがわかった。

提訴したのは化粧品開発の『ロハス製薬株式会社』と、同社を傘下に持つ『アイア株式会社』。木下氏が2019年に自身の姉が勤務していたタピオカ店のオーナーを恫喝し、芸能活動を自粛したことでブランドイメージが毀損されたとして、木下氏と当時の所属事務所、出演を仲介した広告会社『株式会社Birdman』を相手取り、2億9615万1489円の損害賠償を求めている。

一方、「株式会社Birdman」は5月26日、自社のウェブサイトで控訴されたことを発表。自社も木下氏の所属していた事務所に損害賠償を求めていることを明かし、《当社は、引き続き訴状の精査を行い、ロハス製薬株式会社及びアイア株式会社の主張はいずれも認められるものではないとの前提で、裁判において当社の主張を行い、本件の適切妥当な解決を図ってまいります。なお、本訴訟が当社業績に与える影響はないものと判断しておりますが、今後、裁判の進捗に伴い、開示すべき事項が生じた場合には、速やかにお知らせいたします》とした。

「プライベートの切り売りで話題になってるだけ」


木下氏は現在もタピオカ店と和解しておらず、訴状沙汰が飛び交うカオス状態。まさに〝タピオカ地獄〟といっていいだろう。この訴訟内容に、ネット上では

《いまだにタピオカ店と和解してないってどうかしてるよね。なんの問題も解決していないのにインフルエンサーをやっていけると思っているのだから笑う》
《タピオカ地獄は当たり前。まだ謝罪もしていない、裁判も終わっていない、解決とは程遠いのに強気で活動してるんだから呆れる》
《自分で撒いた迷惑の種を解決しないでうやむやにしているんだから自業自得でしょ。そもそも引退とは名ばかりで芸能人のような活動してるし》
《えっ、この騒動まだ解決してなかったの? これだけの時間があってなんの進展もないってことは、木下がまともに謝罪も反省もしてないってことだと思う》

などと、非難の声が殺到している。一方で、元夫でお笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史に対しても、

《忘れていたタピオカ問題をフジモンらが笑いに変えようとしてるのがセンスないし、思い出してしまう》
《謝罪しない木下、タピオカネタを引きずるフジモンはどうしようもない輩。もう見たくない》
《結局、木下もフジモンも自分が持ってるネタで話題を作ってるのではなくてプライベートの切り売りで話題になってるだけ。こんなの素人でも出来る事だし、芸能を生業にしている人間のやるこっちゃない》

などと、心ない声があがっている。

木下氏は現在も通常運転で自身のインスタグラムを更新しているが、控訴沙汰については一切言及しておらず、コメント欄には非難の声が殺到している。

ここまで世間を騒がせているのだから、木下氏には何らかの説明を果たす責任があるハズ。数少ないファンはこれらの騒動を知っているのだろうか。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ