今夜『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』地上波初放送 怪獣オールスターが勢ぞろい!

クランクイン!

 2019年に世界同時公開されたハリウッド映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が、本日5月29日21時に放送される土曜プレミアム(フジテレビ系)で地上波初放送。再び目を覚ましたゴジラが、キングギドラら怪獣オールスターたちと究極バトルを繰り広げる。

本作は、2014年に公開され全世界興収約530億円のヒットを記録したハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の5年後を舞台とした続編で、ハリウッド版『ゴジラ』と『キングコング』がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの第3弾。復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦いと、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする特務機関モナークの活躍を描く。

カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、渡辺謙、チャン・ツィイーといったワールドワイドな活躍を見せるキャストが集結し、映画『X‐MEN2』や『スーパーマン リターンズ』などの脚本で知られるマイケル・ドハティがメガホンを取る。さらに日本語吹き替え版では、女優の芦田愛菜が反抗期の少女マディソン役、女優の木村佳乃と俳優の田中圭がその両親であり元夫婦の学者、エマ&マーク・ラッセル役をそれぞれ演じる。

怪獣の研究・保護を目的とする秘密機関モナーク機関の基地を、謎の武装集団が襲撃。女性研究者のエマ・ラッセル博士(ヴェラ)と娘のマディソン(ミリー)が拉致される事件が発生する。モナークの芹沢(渡辺)は、拉致の原因はエマが研究を進めていたオルカ装置にあるとにらむ。それは怪獣と共鳴する音を発生させ、怪獣を操ることをも可能にする危険な装置だった。

芹沢はかつてエマと共同でオルカ装置を研究し、夫でもあったマーク・ラッセル(カイル)に助けを求める。誰よりもオルカ装置の恐ろしさを知るマークは、悪用される前に一刻も早く怪獣を死滅させるように訴える。

しかし時すでに遅し。異変を察知したゴジラが姿を現す。さらに中国からモスラ、カリブの火山からラドン、南極大陸からキングギドラが目を覚まし、世界各地を怪獣が蹂躙(じゅうりん)。怪獣同士が覇権争いのバトルを繰り広げる中、誘拐されたエマとマディソン、そしてオルカ装置の奪還に向けてモナークは動き出す―。

土曜プレミアム『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』はフジテレビ系にて本日5月29日21時放送。「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作となる『ゴジラvsコング』は近日公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ