山田孝之、“ウシジマ”を演じる上でのルールとは?

テレビドガッチ

山田孝之が、5月30日に放送される『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系、毎週日曜22:00~)に出演する。林修が“時代のカリスマ”に迫る大人気企画「インタビュアー林修」に登場し、デビューから最新作まで、これまでの俳優人生を振り返りながら、出演作品への思いや、俳優業の葛藤や苦悩の全てを語る。

同番組は、いま知っておくべき話題のトレンドを物知りな林とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ。大政絢もMCとして出演し、この日は、赤ペン瀧川、澤部佑(ハライチ)、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、中島健人(Sexy Zone)、堀田茜、矢田亜希子も出演する。

山田は、中学生の時に“芸能人”になることを決意し、16歳で俳優デビュー。以来、数々のヒット作に出演し続け、作品ごとに変幻自在に役を演じ、カメレオン俳優と言われる。そんな山田が俳優人生の転機となった作品と語るのが、映画『クローズZERO』。それまで演じていた“キラキラの主人公”から一転、それまでのイメージとは真逆の“不良役”に挑戦することになった、その裏側とは?

さらに、実は不良のエキストラにビビっていた!? 小栗旬とともに挑んだハードな撮影現場での貴重な裏話も語る。

また、山田を語る上で欠かせない代表作のひとつ『闇金ウシジマくん』については、その徹底した役作りについて語り林を驚かせる。そこには、極限のキャラ“ウシジマ”を演じるルールが存在するという。さらに、ドラマ作りに疑問を抱いていたという山田がこの作品に込めた特別な思いが明かされる。“ウシジマくん”をシリーズ化してやり続けた山田が伝えたかったメッセージとは?

誰もがうっすら知っているけど深くまでは知らない“話題のトレンド”を林とともに掘り下げていく「初耳トレンディ」。今回は“専門性に特化した”注目のスマートフォンアプリを、スマホアプリに詳しい専門家が紹介&解説する。料理のレシピから買い物、健康管理など、生活を劇的に快適にしてくれるアプリが続々。藤田ニコル激押しのカメラアプリに、スタジオは大盛り上がりとなる。

なお、先週の放送では「インタビュアー林修」に、吉永小百合と広瀬すずが登場。プライベートでの買い物事情や女優としてのターニングポイントなどを語った。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ