【高橋颯インタビュー】森崎ウィンとWキャストで挑むミュージカル「天真爛漫なジェイミーは僕の憧れ」

ウレぴあ総研

自分らしく生きること。それは、とてもシンプルで、とても難しいこと。だけど、私たちがもっとハッピーに生きていくために、自分らしさは欠かせない。

そんな“自分らしく生きること”の大切さを、とびきりポップに、どこまでもキュートに教えてくれるのがミュージカル『ジェイミー』だ。

主人公は、16歳の高校生・ジェイミー。彼には、ドラァグクイーンになるという夢があった。その第一歩として、高校のプロムに本来の“自分らしい”服装で参加しようと決意するが、その行く手には様々な偏見や迫害が待ち構えていた。

演劇の本場・イギリスで大ヒットしたミュージカルが日本初上陸。確かな実力とフレッシュさを兼ね備えたメンバーで華やかにお届けする。

そこで今回は、主人公・ジェイミー役を演じる高橋颯(※Wキャスト)にインタビュー。明るい笑顔が印象的な高橋にも、かつて自分らしさを抑圧されていると感じた時期があったーー。

■あの頃は、世界が狭かった

――すごくメッセージ性のある作品ですが、高橋さんの胸に響いたのはどんなところですか?

ありのままでいいっていうところですね。

僕自身、個性を消されちゃうような感覚に陥っちゃうことがよくあったんですけど。個があって集団があるんだということに、いろんな人と向き合って、自分と向き合う中で気づきはじめて。

そういうことを伝えられるように、本番に向けて自分の中にあるものを磨いていきたいなと思っています。

――何か自分らしさを抑圧されているように感じていた時期があったということですか?

学生のときは常々感じていました。あの頃は世界が狭くて、教室の中がすべてだと思っていたので。

声も小さかったし、シャイというのもあって、自分の考えていることを発言もできなかったですし、クラスにもなじめなくて。

思春期と言ったらそれまでなんですけどね。感性が鋭すぎて情緒が安定しないというか。でも自分のプライドのせいか、落ち込んでも誰にも頼れない。

人前で落ち込む姿を見せておいて、次の日になったらけろっと笑顔でやってくるということができなかったんですよ、勇気がなかったから。

今思えば、たかだが30人の社会で何を悩んでいたんだろうと思うんですけど。そういう抑圧は確かに感じていましたね。

――そういう自分も自分らしさだと受け入れられるようになったのはいつ頃ですか。

いまだに受け入れられていないです(笑)。基本的に、できない自分を認められないんですよ。

――完璧主義なんですね。

そうかもしれませんね。あ、でも、以前、自分の弱さを認められずに悩んでいた時期に、グループのプロデューサーさんに言われたんですよ、「自分を過信しすぎだ」って。

そうか、自分の弱さを認められないのは、自分を信じすぎているからなんだって。そう考えられるようになってからは、弱い自分を多少認められるようにはなったかもしれないです。

■ジェイミーは理想のエンターテイナー像

――でもパフォーマーというのは大なり小なり本当の自分とは別に、表に出る用のきらびやかな虚像の自分を演じているものなのかなという気もします。

きっと良いパフォーマーほどそれがないのかなと思います。今日も別の取材で(森崎)ウィンさんとか安蘭けいさんの話を聞いていると、おふたりはちゃんとありのままの自分を出しているんですよね。

僕は今、そういうふうになりたいなと意識を変えている最中。逆に言うと、昔はカッコつけたい自分とかセクシーな自分を一生懸命出そうとしていたな、と思います。

――表に立っているときの自分を、ご自身の目から客観的に見るとどんなふうに見えますか?

僕は周りのスタッフさんの力を借りてやっとナチュラルにいられるという感じで。何の用意もなく武器も持たず、いきなりぽんっとステージの上に立たされると、ネガティブで涙脆くて自己中。まだまだ幼稚で頼りないパフォーマーだと思っています。

――そんな自分を改善したい? それとも、そういうのも含めて自分?

欲張りかもしれないですけど、両方ですね。弱い自分を肯定しつつ、もっと頼もしい自分になりたい。そしてその両方しっかり見てくれている人たちに見せたいです。

――そんな高橋さんにとって、ありたい理想のエンターテイナー像は?

それこそジェイミーです。夢を追いかけているところが自分にすごく似ているし。引っ込み思案な僕にとって、天真爛漫で自由なジェイミーは憧れです。

ジェイミーの存在に勇気をもらっているし、なりたいなって思う。ジェイミーのようなカリスマ性を、俳優ではない、素の自分としてステージに立っているときにも出せるようになりたいです。

■ミュージカルをやることで、歌やダンスが伸びた

――高橋さんといえば、『デスノート THE MUSICAL』が印象的でした。

僕にとって初めてのミュージカルで。今の事務所に入ってお芝居するようになってから、自分と向き合う機会がすごく増えたんですけど、そのきっかけとなったのが『デスノート THE MUSICAL』。

大事な存在だし、僕はWATWINGというダンスボーカルグループに所属しているのですが、ミュージカルを始めてからそこでの歌やダンスも伸びた実感があります。

――具体的にどんな影響があったんでしょうか。

僕は無意識で喋るときの声がちょっと高めなんですね。でも、リューク役の横田栄司さんが「君はもっと堂々とした太くて男らしい声が出るはずだから、意識して喋ってみたら」とアドバイスをしてくださって。

そこから意識して低い声で喋るようにしたら、自分でもびっくりするくらい太い声が出るようになって。その分、喉も枯れにくくなったし、声に安定感が出るようになった。

歌うときも低音がちゃんと出せるからこそ、そこから高音にもいきやすくなって。そのあたりはミュージカルをやってなかったら絶対身につかなかったものだと思います。

――グループで歌っているときとミュージカルの歌唱法は違いますか?

全く違いますね。ミュージカルは声量が必要ですし、ひとつのフレーズに対する言葉数が少ない感じがします。

あとは、より言葉を大事にしますし、その分、息継ぎをするタイミングも重要で。ロングトーンが多いのもミュージカルならではという印象がありますね。

――『デスノート THE MUSICAL』のときはすごくロングトーンがのびやかでしたよ。

ありがとうございます。歌唱指導のちあき(しん)先生のおかげです(照)。

――今回はダンスも見どころになりそうですね。

そうなんです。僕はダンスがアマチュアなので。

――いやいや。

いや、ダンスがアマチュアなので。ダンスがアマチュアなので。

――3回言った(笑)。

本当なんです(笑)。『デスノート THE MUSICAL』で初めてミュージカルをやって歌の面で通用しないところがいっぱいあったように、ミュージカルでダンスをやるのは今回が初めてなので、どうなるのか自分でも心配です。

ただ、あんまり自分でハードルを下げにいくのもアレなんですけど、ジェイミーはもともと普通の男の子。だから、あまり踊りがうますぎてもいけないのかなと。

そのあたりが吉と出るのか凶と出るのかは、稽古をしながら探っていきたいです。

■森崎ウィンさんの歌声に聴き入っちゃいました

――楽曲を聴かせてもらいましたが、バラエティ豊かでいいですね。

そうなんです。調べたらコンテンポラリーポップというジャンルだそうですが、ポップスとクラシックのちょうどいいところを狙っている感じで。

サウンドだけ聴いたら洋楽的で、流行りの音も取り入れられていて。こういう曲をミュージカルでもやるんだっていう新鮮な感じがありました。

――同じジェイミー役を演じる森崎ウィンさんの歌声はいかがでしたか。

いい声! いい声! お話をさせてもらったら、音楽にも精通されていて。

声のバリエーションも豊かですし、一緒に歌稽古をしながら、聴き入っちゃいけないとは思いながらも、いちファンとして思わず聴き入っちゃいました(笑)。

――Wキャストは初めてですよね。高橋さんは相手のことが気になるタイプですか? それとも気にせず自分を貫くタイプですか?

たぶん両方の面があるんだろうなと思います。相手のことを無視するとリスペクトを失うし、気にしすぎると自分のやるべきことに集中できなくなっちゃう。難しいですね、Wキャストは。

ウィンさんが「比較されるのがつらい」とおっしゃっていて。そうだよなと思いつつ。でもその比較されるつらさを分かち合えるのは、Wキャストをやっている相手だけ。

同じ痛みを持つ者同士、Wキャストの難しさをわかった上で、むしろWキャストだからこそ助け合える部分に目を向けてやっていこうと思います。

■高校生活の思い出は、数学の先生です(照)

――では最後に、ジェイミーと同じ高校生の頃の思い出を聞かせてください。

(考えて)なんだろう…。あ、数学の先生が可愛かったです。愛嬌があって、生徒想いで、でも色気がって。たぶん僕より10歳くらい上だったんですけど、とても綺麗だったのを今もよく覚えています(照)。

――そうすると、数学の授業もやる気が出たでしょうね。

……いや(笑)。

――え? 違うんですか?

どうしよう。これは恥ずかしい話になっちゃいますが(笑)。

――ぜひ聞きたいです!

あの…うちの高校では、授業をサボった生徒は呼び出しをくらうんです。あえて少しサボったりして先生に呼び出されるのを狙ってました(笑)。

――わざと劣等生っぽく振る舞って気を引くパターンですね(笑)。

いや~、ガキですよね(照)。なので、数学の成績は全然良くなかったです(笑)。

※高橋楓さんの「高」は正しくは「はしご高」。

衣装協力/JOHN SMEDLEY、O.T.A、STIR

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ