三四郎小宮、高校を留年した“まさかの理由”とは?「地球滅亡するっていうのを…」

E-TALENTBANK


5月25日、深夜放送の朝日放送テレビ『これ余談なんですけど・・・』に三四郎の小宮浩信が出演した。

【関連】三四郎・小宮、“セレブ校”時代のクラスメイトを明かす

番組中、小宮は「高校留年してて」といい、高校2年生を2回したと明かした。

この“留年の理由”を聞かれると、小宮は「ノストラダムスの大予言って1999年あったじゃないですか。あれで地球滅亡するっていうのを真に受けて、友達3人ぐらいで『絶対勉強しないよな?滅亡するもんな?』みたいな感じで」「その2人は結構勉強してて僕だけ勉強しなかったら、まじで現代社会1点とか。全部もう」「それで結局留年して、地球も滅亡せず」といい笑いを誘った。

それを聞いていた出演者から「一応でも当たってんちゃうん?」「恐怖の大魔王が降りてきてるやん」とツッコまれると、小宮は「確かに、ここだけにかい!地球にって書いてあったぞ」といい再び笑いを誘った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ