高畑淳子、娘に苛立ちをぶつける半身不随の母親を熱演 『女たち』凄みの伝わる場面カット

クランクイン!

 女優の篠原ゆき子主演映画『女たち』より、女優の高畑淳子が、ヒロインの半身不随となった母親を熱演する姿を捉えた新たな場面写真が解禁された。

本作は、バブル崩壊後の就職氷河期に直面した女性が、亡くなった親友の遺した養蜂園を継ぎ、自立していくまでを描くヒューマンドラマ。『浅田家!』『罪の声』『あのこは貴族』など近年出演作が相次ぐ篠原が主人公の美咲役を務め、美咲の親友・香織役に倉科カナ、美咲の母・美津子役を高畑が演じる。

とある山あいの小さな町。人生につまずき故郷にUターンした美咲は、半身不随の母・美津子の介護をしながら地域の学童保育所で働いている。美津子は夫の自死を受け入れられず、自身が半身不随になったこともすべて「うまくいかない娘」が招いた不幸だと美咲をなじり、罵詈雑言を浴びせ続ける。そんな息苦しい日々のオアシスは、美津子のホームヘルパーとして自宅を訪れる直樹との逢引きだった。

そしてもうひとつ美咲が心のよりどころとしているのは、養蜂家として自立する親友・香織。マイペースに充実した人生を送っているように見える香織だが、実は彼女も人知れず心に深い闇を抱え、精神を患っていた。そしてある日、香織は突然命を絶つ。憧れの存在だった香織の死と直樹の裏切りによって、美咲の心のダムは決壊寸前を迎える…。

今回解禁されたのは、高畑が半身不随の美咲の母・美津子を熱演する姿を捉えた2点の場面写真。美津子は動けない苛(いら)立ちを美咲にぶつけ続け、それが娘を蝕んでいることにも気付かない。美咲と美津子の親子の関係性は、物語の重要なポイントのひとつとなっている。

舞台女優としてデビューして以降、テレビや映画にも活躍の場を広げ現在まで活躍し続けている高畑。本作の撮影では、顔合わせの初日から既にこの難役を作り上げて臨んでいたという。製作の奥山は「脚本では、ベテラン女優のプライドが傷つけられるようなシーンも連続する。さすがにこれは嫌がるだろうと思ったことも、高畑さんは『そこが面白い!』と乗り気でした」と当時のエピソードを明かす。

本作のプロデューサーである木谷真規も「高畑淳子さんがキャスティングされたことで美津子のイメージが立体化しました。半身不随の役作りもすさまじく、様々なアイデアを出してくれました」と感謝を述べている。

本作の予告編には、そんな高畑の鬼気迫る演技の一端を収録。娘の美咲から「あんたがいるから、あたしの人生こんなになったの!」と言われた美津子が「じゃあ殺しなさいよ!」と顔をゆがめながら叫ぶ姿が収められており、予告編の解禁直後はSNSやインターネット上で「数秒で残すインパクトで本物の俳優だと分かる高畑さん」「高畑淳子まじで別人が憑依してる」「演技上手すぎ」などと大きな反響を呼んだ。

また、作品を観た著名人からも「鬼気迫る演技に脱帽」、「特に高畑淳子さんには最大級の賛辞を」、「むき出しの感情を爆発させるクライマックスが胸に突き刺さった」、「親子の演技バトルは特に圧巻」などと賞賛の声が多く集まった。さらに先日、コンペティション部門にて本作が上映された第43回モスクワ映画祭でも高畑の演技に対する評価は高く、世界でも注目を集めている。

映画『女たち』は6月1日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ