マグカップに浮かぶ『自分だけの花火』 投稿された1枚に、ため息

grape

新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務になるなど、家で過ごす時間が増えている人は多いようです。

家を心地よい空間にするために、部屋の模様替えをしたり、新たなにインテリアを購入したりするのもいいかもしれません。

2021年5月、自分好みにリノベーションしてもらった家に引っ越したという、kimidori(@kimidori41)さん。

夜、キッチンカウンターでひと息付いている時の写真をTwitterに投稿したところ、多くの反響が上がりました。

思わずうっとりしてしまう、こちらの1枚をご覧ください。

マグカップの中に浮かんでいるのは、美しい花火…!

「外で花火大会でもやっていたのかな?」と思いきや、天井に取り付けた『花火電球』の光がドリンクに反射し、幻想的な光景が生み出されたといいます。

kimidoriさんは『花火電球』の写真も公開していました。

こちらの『花火電球』は、引っ越しに合わせネットショップで購入したものだそうです。

kimidoriさんいわく、そこまで明るくなく実用向きではないそうですが、360度、どの角度からも花火を楽しむことができるのだとか。

毎晩、花火を眺めながらゆったりとした時間を過ごせるなんて、素敵ですね…!

投稿を見た人たちからは、さまざまなコメントが寄せられました。

・自分だけに上がる花火なんて、最高すぎる。

・花火電球だと!?そんないいものがあるなんて知らなかった!

・めっちゃオシャレ…!世の中にこんな美しい電球があるなんて。

部屋にお気に入りのインテリアを置くだけで、心は潤うもの。

外出をしづらい世の中だからこそ、身近なところで小さな喜びを見つけたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典 @kimidori41

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ