『呪術廻戦』149話に痛恨の作画ミス…! 倒れた禪院真希の右目が…

まいじつ

『呪術廻戦』149話で禪院真希・真依に衝撃展開…壮絶な“姉妹愛”の行方は?

『呪術廻戦』15巻(芥見下々/集英社)

5月24日発売の『週刊少年ジャンプ』25号に掲載された『呪術廻戦』最新話が大きな話題を呼んでいる。しかし、とある作画ミスが発覚し、一部読者の間で話題になっている。

※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています


第149話『葦を啣む-弐-』は、怒涛の王道展開を繰り広げていく超カタルシス展開。実父・禪院扇の凶刃に倒れた禪院真希・真依は、懲罰部屋に放り込まれる。懲罰部屋には2級以下の呪霊が多数飼われており、姉妹を食べたそうに手をこまねいていた。

扇が立ち去った後、真依は真希の心臓が動いていることを確認。そして、「最悪」とつぶやきながら、真希に口づけするのだった。すると2人は海岸のような場所で目を覚ます。そこで真依は、呪術師にとって双子が凶兆だとされるのは〝縛り〟が成立しないからだと真希に語りかける。

犠牲になろうとする真依を、引き留めようとする真希。しかし真依はすでに覚悟を決めており、最後に「全部 壊して」「お姉ちゃん」と呪いのような言葉を放つ。そして目覚めた真希の前には、すでに息絶えた真依の姿と、彼女の術式で具現化した刀があった…。

『呪術廻戦』超大反響も痛恨の作画ミス…!


真希・真依の姉妹愛が描かれたほか、犠牲を払って覚醒するという、ある意味で王道展開は大きな話題に。ヘイトをため込んだ扇を瞬殺する描写もあり、これ以上ない超『ジャンプ』的展開が1話に詰まっている。

もちろん読者からも絶賛と称賛の声が続出しており、《双子の姉妹愛は泣いちゃう》《一躍トップに躍り出たな真希さん。乙骨も喜んでるわ》《まさかマキさんが学生勢の中でトップクラスになるとは…。虎杖は多分勝てないよな?》といった声があがっていた。しかし、どうしても気になってしまう箇所も…。

真希は渋谷事変で漏瑚の攻撃を食らい、上半身に火傷を負った。さらに右目には包帯が巻かれており、ここ最近は隻眼のように描かれていた。しかし、真依の横で目を覚まし、「真依 起きて」と語りかける時は左目をつむっており、右目から涙を流していた。

痛恨の作画ミスに、読者からは《最初は右目も含めて治してもらったのかと思ったけど、多分作画ミスかな》《なんであんな良いところで作画ミスしちゃうんだよ~》《真希さんクラスになると右目の傷を左目に移動させることも自在なのか、という学び》《しんみり中に悪いんだけど、「真依 起きて」のシーン、真希の目の傷逆だから! 右目から涙流しちゃアカンで!》《真希さんが目を覚ましたときに右目が開いてたのはなにか意味があるのだろうか…》といった声があがっていた。

しかし構図的には、右目から涙を流したほうが断然に決まるカット。単行本では修正されるかもしれないので、ある意味レアなコマだとも言える。今号の『ジャンプ』は、そういう意味でも『呪術廻戦』ファンにとって永久保存版の号になったと言うべきだろう。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ