AREA21、ニューシングル「Pogo」を引っ提げ、惑星“地球”を冒険中

E-TALENTBANK


すでに合計ストリーム数が500万回を超えている、AREA21の前作シングル「La La La」に続き、彼らの冒険は新メッセージ「Pogo」と共に継続中である。

歌詞からも分かる通り、この曲は、完全に自由奔放、ワイルドでフリーに生きていている雰囲気が醸し出されており、これから来る夏の時期にまさにピッタリなサウンドだ。マーティン・ギャリックスとメイジャーが作曲したこの曲では、マーティンがエレクトリック・ギターを演奏しており、多才な彼のアーティストとしての才能の1つを発揮している。

「Pogo」のミュージック・ビデオは前作「La La La」に続く内容となっており、2人のエイリアン・トラベラー“M&M”が地球に墜落し、クラッシュした宇宙船に立って、まさに法から逃れようとしているところからスタートする。彼らの逃避行には、非常に風変りな交通手段や、思いがけないヒーローたちが登場し、すべてから逃れるためにはパーフェクトな舞台、ラスベガスへと辿り着く。

ミュージック・ビデオを最後まで観た人は、この先も一体何が起こるのか、彼らの匂わせにワクワクせずにはいられないのではないだろうか。

AREA21の音楽は、2人のエイリアン・トラベラー“M&M(エムアンドエム)”が、ユニティ(結束・団結)とグッド・バイヴスのメッセージを伝えて宇宙を旅していたところ、偶然にも地球に墜落してしまうというストーリーから続いている。彼らの冒険は、数々の賞を受賞しているアニメーションスタジオTitmouse(Run the Jewels、Dua Lipa等)が制作した一連の楽曲とそれに付随するアニメーションビデオを通して、音楽的にも視覚的にも描かれており、今春と夏にリリースが予定されている。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ