結婚おめでとう!星野源さんのこれまでの出演ドラマをふりかえる

Oh!My!ドラマ

 

先日、星野源さんがドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で共演した新垣結衣さんとの結婚を発表。日本中に衝撃が走りロスが続出しましたね(笑)。

アーティストに俳優、文筆家など、マルチな才能を発揮する星野源さん。今回は俳優としての星野源さんをフィーチャー。

魅力あふれる出演ドラマを6作品ご紹介していきます。

 

 

プロの独身からイクメンになるまでを演じた『逃げるは恥だが役に立つ』

海野つなみさんのマンガを原作に、新垣結衣さん、星野源さんが出演したドラマが『逃げるは恥だが役に立つ』。2016年の連続ドラマを経て、2021年の1月にはスペシャルドラマが放送されました。

派遣切りにあい、仕事を探していた森山みくり(新垣結衣)は、父の紹介で、津崎平匡(星野源)の家の家事代行として働くことに。しかし、突然みくりの両親が田舎暮らしをはじめることになり、実家自体が引っ越すことになる。両親についていけば仕事を失う、仕事を選べば住むところがなくなる……。その状況を打破するために思いついたのが、平匡との「契約結婚」。平匡には受け入れられたものの、まわりには契約結婚であることは秘密。そのため、夫婦らしくふるまおうとするふたりだが、数々のピンチを乗り越えていくうちに、お互い惹かれ合うようになり……。

スペシャルドラマでは、連続ドラマのその後を描いたストーリーが展開。
籍は入れず、家庭の共同経営者としてうまく生活していたみくりと平匡だったが、ある日みくりが妊娠! ついに入籍する決意をしたふたり。みくりがつわりで苦しむなか、その気持ちがわからず平匡はパニック! そこで育休を取ろうと会社で宣言するものの、世の中には新型コロナウィルス感染症流行の波が押し寄せてきていて……。

連続ドラマで星野源さんが演じた平匡は、“プロの独身”と自称し、みくりに惹かれつつもその邪念を打ち消そうと葛藤する奥手な会社員。
一方、スペシャルドラマは連続ドラマの続編ではありますが、みくりとの同居生活にすっかり慣れ、プロの独身は卒業した模様。
しかしみくりの妊娠、入籍、そして新型コロナの流行が重なり、冷静さを失います。それでも次第に落ち着きを取り戻し、その過程で父性が芽生えていくところがみどころ!
その絶妙な変化を星野源さんが好演しています。

『逃げるは恥だが役に立つ』
■放送:(連続ドラマ)2016年10月~12月(スペシャルドラマ)2021年1月2日  TBS系
■キャスト:新垣結衣、星野源、大谷亮平、藤井隆、古田新太、石田ゆり子 ほか
■原作:海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ』
■スタッフ:脚本・野木亜紀子、演出・金子文紀、(連続ドラマのみ)土井裕泰、石井 康晴
■公式:https://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/
■視聴できるVOD:Amazon Prime Video、dTV、TELASA、Paravi、U-NEXT

 

人も自分も信用しない冷静沈着な機動捜査隊員を演じた『MIU404』

野木亜紀子さんのオリジナル脚本による、綾野剛さん、星野源さんW主演ドラマ『MIU404』。

舞台は警視庁の機動捜査隊。働き方改革が進み、今まであった第3機動捜査隊に加え、第4機動捜査隊が設置されることに。ここに所属となった志摩一未(星野源)は、悪名高い伊吹藍(綾野剛)とバディを組むことに。
冷静に状況を見て、そこから事件の真相を導き出そうとする志摩とは真逆に、直感で捜査をしていく伊吹。
そんな彼に最初はイラ立つものの、ともにいるうちに伊吹に心を開き、最後には第4機捜が直面する最大の凶悪事件にふたりで立ち向かっていく。

星野さんが演じた志摩は、人も信用できないどころか、自分さえも信用できないと言い、心を開かないタイプ。
それはかつて捜査一課にいたころに起きたある事件のせいなのですが、それを乗り越えようと手助けしてくれたのが伊吹。そして、ふたりの絆が深まっていきます。
彼らがいいバディになっていく姿、星野源さんがいつも冷静沈着でクレバーな機動捜査隊員を演じているところが魅力の作品です。

『MIU404』
■放送:2020年6月~9月 TBS系
■キャスト:星野源、綾野剛、岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子 ほか
■スタッフ:脚本・野木亜紀子、監督・塚原あゆ子
■公式:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/
■視聴できるVOD:Paravi、Hulu

 

一見冷たく見える産婦人科医を演じた『コウノドリ』

鈴ノ木ユウさんのマンガを原作に、第2シリーズまで制作された綾野剛さん主演のドラマ『コウノドリ』。

天才ピアニスト“BABY“という一面をまわりに隠しながら産婦人科医をしている鴻鳥サクラ(綾野剛)。赤ちゃんが無事生まれてくることを願って、患者さんにも穏やかに優しく手厚く診察していくが、彼が診る患者さんの中には、出産まで一筋縄にはいかない人もいて……。

本作は、出産をめぐって、サクラや病院のスタッフたちが葛藤する姿を描いていますが、星野源さんが演じたのは、主人公のサクラと同期の産婦人科医・四宮春樹。常に冷静で、論理的で、笑わない。サクラとは真逆のタイプ。しかし研修医時代はよく笑顔も見せていて、当時を知っている人たちは、ここまで変わったことにみんな驚きます。
四宮が笑顔を見せなくなってしまったのは、ある失敗から。そのことから、患者に優しく接するだけがいいわけではないと悟り、現在のスタイルに。
同僚だけでなく患者さんにも冷たい言葉をかけますが、それは思いやりがないわけではありません。むしろ逆で、患者さんのことを思ってこその言葉を言い放ちます。それが意外と心に響くんです。

また、同期のサクラとはお互い信頼し合っている関係。『MIU404』でも綾野剛さんと共演していますが、またタイプの異なる関係性なので、『MIU404』と比較しながら観てみるのもおもしろいかもしれません。

『コウノドリ』
■放送:(第1シリーズ)2015年10月~12月(第2シリーズ)2017年10月~12月 TBS系
■キャスト:綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源 ほか
■原作:鈴ノ木ユウ『コウノドリ』
■スタッフ:脚本・坪田文 ほか、演出・土井裕泰 ほか
■公式:https://www.tbs.co.jp/kounodori/
■視聴できるVOD:Amazon Prime Video、dTV、TELASA、Paravi、Hulu、U-NEXT

 

心の油断で罪を犯してしまった男を演じた『プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~』

誉田哲也さんの小説を原作に、星野源さんが主演を務めた『プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~』。

旅行代理店に勤める吉村貴生(星野源)は、仕事もうまくいかず、気にかけていた女性社員に彼氏がいたこともわかり、むしゃくしゃしていた。ウサを晴らそうとひどく酔い、その勢いで店に居合わせた客の家に行くと、よくわからないまま覚醒剤を打たれてしまう。
それが見つかり、逮捕されてしまった貴生。会社は解雇され、住んでいた家も火事で住めなくなってしまう。
執行猶予中のためなかなか部屋が見つからず、紹介されたのが朝田潤子(石田ゆり子)がオーナーを務めるシェアハウス。そこの住人は何かと訳ありのようで……。

星野源さんが演じたのは、主人公の貴生。訳も分からず逮捕され、すぐに人生をやり直せると軽く考えていたら、自分の想像以上に世間が冷たいことを目の当たりにして、ショックを受けます。
ただ、シェアハウスに住んでいる住人はみんな罪を背負っていて、彼らと過ごすうちに、自分の罪にきちんと向き合い、ようやく自分の人生を真剣に生きていこうと変わっていきます。
この変化を星野源さんが見事に演じきっているところがみどころです。

『プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~』
■放送:2017年8月~9月 WOWOW
■キャスト:星野源、仲里依紗、眞島秀和、石田ゆり子 ほか
■原作:誉田哲也『プラージュ』
■スタッフ:脚本・本多孝好 ほか、監督・常廣丈太 ほか
■公式:https://www.wowow.co.jp/detail/109725
■視聴できるVOD:FOD、dTV、TELASA、Paravi、Hulu、U-NEXT

 

大家族の家に居候するお人好しな叔父さんを演じた『11人もいる!』

宮藤官九郎さんが脚本を務め、大家族をテーマにしたドラマ『11人もいる!』。

8人の子どもがいて、総勢10人で暮らしている真田家。父・実(田辺誠一)はカメラマンだがあまり仕事をせず、母・恵(光浦靖子)が家でカフェを経営しているがあまり人の入りがよくない。家計を支えているのは、高校生の長男・一男(神木隆之介)だ。
実は恵は後妻で、真田家8人中7人の子どもたちは病死した先妻・メグミ(広末涼子)の子。ある日、実と恵との間に生まれた末っ子の才悟(加藤清史郎)は、メグミの霊が見えるようになり……。

星野源さんは、実の弟であり、一男たちの叔父さんである真田ヒロユキを演じました。勤めていた会社が負債を抱えたうえ、社長が会社のお金を持ち逃げして失踪。その尻拭いをしなくてはならず追い込まれたため自殺未遂を起こす……という序盤からヘビーな設定。
でも乗せられやすく、立ち直りも早い性格。
結局、会社の倒産で失業し、真田家の居候に。家族に振り回されがちの、ちょっと情けないけれど、そんなダメなところも見守ってあげたくなるような愛嬌がある人物です。
演じたキャラクターも必見ですが、毎話、そのときに起こった真田家の心境を彼が弾き語りで歌います。いまとなっては激レア?なシーンをお見逃しなく!

『11人もいる!』
■放送:2011年10月~12月 テレビ朝日系
■キャスト:神木隆之介、田辺誠一、光浦靖子、有村架純、加藤清史郎、広末涼子、星野源 ほか
■スタッフ:脚本・宮藤官九郎、演出・片山修、唐木希浩
■視聴できるVOD:FOD、TELASA、Netflix、U-NEXT

 

シンクロをはじめる軽音部員を演じた『ウォーターボーイズ』

2001年に公開された同名映画の2年後の世界を描いた連続ドラマ『ウォーターボーイズ』。

2年前に学園祭で披露された男子のシンクロが話題となった唯野高校水泳部。その姿を見て憧れ、水泳部に入部した進藤勘九郎(山田孝之)は、2年生の学園祭でシンクロを披露する予定が腹痛で断念。3年生になり「今年こそ」と張り切っていたのに、学校や教育委員会からシンクロを中止するよう言われてしまう。
そこへ、シンクロをするために転校してきたという立松憲男(森山未來)や生徒会長の田中昌俊(瑛太)、かなづちだけど、みんなで何かをやりたいと思っていた高原剛(石垣佑磨)、太っている自分を変えたい石塚太(石井智也)が集まり、シンクロ同好会を結成。
大人たちに抵抗し、学園祭での男子シンクロの披露ができるよう活動するが……。

星野源さんが演じたのは、最初はシンクロに憧れて水泳部に入部したのに、すぐに辞め軽音部に入った星山。
進藤がシンクロメンバーを集めていたときに勧誘されたシーンや実際のシンクロシーンなど登場場面はかなり少ないのですが、星野源さんが俳優として出演するようになった初期の作品。本作でしか観ることのできない坊主姿でのシンクロシーンは必見です。

『ウォーターボーイズ』
■放送:2003年7月~9月 フジテレビ系
■キャスト:山田孝之、森山未來、瑛太、石垣佑磨、石井智也 ほか
■原作:矢口史靖、アルタミラピクチャーズ
■スタッフ:脚本・橋本裕志 ほか、演出・佐藤祐市 ほか
■公式:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/waterboys/
■視聴できるVOD:FOD

 

 

ポップな役からシリアスな役まで幅の広い俳優!

出演作を振り返っていくと、ポップな役からシリアスな役までさまざまな役を演じる星野源さんの多彩な表現力に驚かされます。
家族をもって、さらに活躍してくれることを願います!

WRITER

  • Togawa Hikari
  •        

  • 女性サイトの編集を経てフリーライターに。女性向けのライフスタイル系記事や、ドラマ好きが高じてレビュー記事を手がけることも多いです。伏線ありの、うまくつくられた物語が大好物。過去のドラマの掘り起こしも大好き。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ