絶対外さない面白さ!『このマンガがすごい!』受賞作品(オンナ編)を自粛の今こそ読もう!

Oh!My!マンガ

 

宝島社より発表される『このマンガがすごい!』大賞。「オトコ版」の方では過去に『進撃の巨人』や『約束のネバーランド』など、その後にアニメ化や実写化された人気作品が勢揃い。毎年注目のランキングとなっています。

この賞をチェックしておけば、メインストリームになるマンガを先取りできると言っても過言ではないでしょう……!というわけで今回は昨年末に発表された『このマンガがすごい!』の「オンナ版」で、TOP10にランクされた作品をそれぞれご紹介しようと思います!

外出自粛要請が続く昨今。さらに梅雨入りもし、自宅にこもる日々が続いている今こそマンガを読んでみてはいかがでしょう……!?

『このマンガがすごい! 2021』オンナ編TOP10

9位『ゆびさきと恋々』

ゆびさきと恋々コミックス表紙Amazon画像

 

「このマンガがすごい!」9位のほか、ファッション誌『an・an』が主催する第11回 「an・anマンガ大賞」にて大賞を受賞した作品です。

 

■あらすじ

 

ある日、聴覚障がいを持つ女子大生の雪は、困っていたところを同じ大学に通う先輩・逸臣に助けてもらう。雪に対して、自然な態度で接する逸臣。そんな逸臣に雪は次第と惹かれていき……。

 

■注目ポイント

初めて恋をする雪が、戸惑い、悩みながらも一歩を踏み出し、「そうなっちゃうの?」というような劇的ストーリーはなく、ゆっくり進んでいく逸臣とのピュアな恋愛が見どころ。

キラキラとした背景やキレイな人物描写にも注目して下さい。


■作者:森下suu(もりしたすう)
■連載誌名:『デザート』(講談社)
■巻数:4巻(既刊)
■連載開始日:2019年7月24日 ~(連載中)
■公式サイト:https://go-dessert.jp/kc/renren/

 

9位『消えた初恋』

消えた初恋コミックス表紙Amazon画像

 

アニメ化や鈴木亮平さん主演で実写映画化もされた『俺物語!!』(原作:河原和音)を描いたアルコさんが作画を担当。原作担当のひねくれ渡さんは初原作の作品!

 

■あらすじ

 

ピュアでお人よしな男子高校生・青木は、隣の席に座る笑顔がかわいくて恥ずかしがり屋の女子・橋下さんに片想い中。

しかし、橋下さんの消しゴムに同じクラスの男子・井田の名前が書かれていることを発見してしまい……。

 

■注目ポイント
勘違いから始まる三角関係ラブコメディ。

橋下さんを巡って青木と井田が熱い恋愛バトルを繰り広げる王道(?)の三角関係。……とは違う「そっちかよ!」とツッコミたくなる意外なストーリーが面白いです。


■作者:ひねくれ渡(原作)、アルコ(作画)
■連載誌名:『別冊マーガレット』(集英社)
■巻数:5巻(既刊)
■連載開始日:2019年6月13日(連載中)
■公式サイト:http://betsuma.shueisha.co.jp/lineup/kietahatsukoi.html

 

8位『かしこくて勇気ある子ども』

かしこくて勇気のある子どもコミックス表紙Amazon画像

 

車上生活を続ける女性を描いた『Sunny Sunny Ann!』で第17回「手塚治虫文化賞」新生賞を受賞した山本美希さんが描いた作品です。

 

■あらすじ

第1子を授かり、子どもの未来に期待を膨らませる夫婦。2人は「賢くて勇気のある子ども」に育てれば、明るい未来があると信じていた。

しかし、「賢くて勇気がある」故に標的となったある少女の事件を知って動揺する妻。これから生まれてくる子どもに、何を伝えればいいのだろうか……。

 

■注目ポイント

子どもを授かった夫婦が抱く「理想」と「現実」。すれ違っていく夫と妻。夫婦が抱える問題にどう対処するのか。「親になる」ということを色々な意味で考えさせられる作品となっています。


■作者:山本美希
■連載誌名:『トーチ』(リイド社運営WEBサイト)
■巻数:1巻(完結)
■連載期間:2019年8月16日~2020年5月20日
■公式サイト:http://to-ti.in/product/kashikokute_yukiaru_kodomo

 

6位『わたしの幸せな結婚』

わたしの幸せな結婚コミックス表紙Amazon画像

 

「日本出版販売」が主催する「全国書店員が選んだおすすめコミック2021」で1位、電子書籍ストア「BookLive!」の「電子書籍で読みたいマンガ大賞」でも大賞に輝いている作品です。

 

■あらすじ

 

異能の力を持つ家系に生まれたにも関わらず、その力が受け継がれなかった美世は、母親を早くに亡くし、継母と異母妹から虐げられた毎日を送っていた……。

親からも愛されず、唯一の味方だった幼なじみも異母妹と結婚し、誰からも必要とされない毎日を送る中、“嫁入り”を命じられた美世。

その嫁ぎ先は、冷酷無慈悲で嫁いだ者は3日と持たずに逃げ出すと噂される久堂家だった……。

 

■注目ポイント

和風とファンタジーの融合、さらに恋愛も組み合わさった一風変わっている作品。主人公・美世の不幸な境遇を見ると、婚約者の清霞が見せる優しさや気遣いに感動しますし、キュンキュンせずにはいられません。


■作者:顎木あくみ(原作) 、高坂りと(作画)
■連載誌名:『ガンガンONLINE』(スクエアエニックス)
■巻数:16巻(分冊版)(既刊)
■連載開始日:2018年12月20日(連載中)
■公式サイト:https://www.ganganonline.com/contents/kekkon/

 

6位『ミステリと言う勿れ』

ミステリと言う勿れコミックス表紙Amazon画像

 

小学館の漫画誌『別冊少女コミック』(後に『月刊フラワーズ』)で2001年から2017年まで連載し、Netflixでアニメ化もされた『7SEEDS(セブンシーズ)』の原作者・田村由美さんが描くミステリーマンガです。

 

■あらすじ

冬のある日。大学生の久能整は、警察署で事情聴取を受けていた。

刑事たちの話では、昨日の夜10時ごろに高校のクラスメイトである寒河江が殺害され、久能とよく似た人物を口論しているところが目撃した人物がいると言う。

しかし、身に覚えのない殺人容疑をかけられた久能は、刑事たちに捜査の助言を行うが、久能が犯人という物証が出てきてしまう……。

 

■注目ポイント

主人公・久能に襲い掛かる数々の事件。そんな中でも久能は冷静であり、持前の推理力と観察力を駆使し、「例え話」で周りの人に助言していきます。

博識の久能が言う核心を突く言葉と、久能を含めて謎が多い登場人物たちに注目です。

ちなみに、本作は実写ドラマ化の話が出ており、菅田将暉さんが主演で2022年1月期の『月9』にて放送されるという噂もあるようです。実現するのでしょうか。


■作者:田村由美
■連載誌名:『月刊フラワーズ』(小学館)
■巻数:8巻(既刊)
■連載開始日:2016年11月28日(連載中)
■公式サイト:https://flowers.shogakukan.co.jp/work/300/

 

5位『カラオケ行こ!』

カラオケ行こ!コミックス表紙Amazon画像

 

2020年4月に第24回「手塚治虫文化賞」短編賞を受賞し、大西流星さん(なにわ男子)主演の実写ドラマが放送された『夢中さ、きみに。』を描いた和山やまさんによるマンガ。

 

■あらすじ

「森丘中学校」に通う3年生の岡聡実は、合唱部の部長として部活に取り組んでいた。

そんな聡実に目を付けた祭林組の若頭・成田狂児は、組長が主催するカラオケ大会の罰ゲームを回避するため、歌の上達を目指して聡実にレッスンを頼む。

こうして始まった2人の関係は、やがて友情へと発展していく……。

 

■注目ポイント

組長が主催するカラオケ大会の罰ゲームで刺青を入れたくないから、ヤクザが男子中学生に歌唱レッスンを頼む……というとんでも設定。しかし、必死な成田と迷惑そうな聡実の温度差が面白く、どんどん深まる友情関係は心に刺さります。


■作者:和山やま
■レーベル:『ビームコミックス』
■巻数:1巻(完結)
■発売日:2020年9月12日
■公式サイト:https://comicbeam.com/product/322002001211.html

 

4位『マイ・ブロークン・マリコ』

マイ・ブロークン・マリココミックス表紙Amazon画像

 

第24回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門で新人賞を受賞した作品。平庫ワカさんの初連載作となっています。

 

■あらすじ

 

仕事の外回り中に転落死のニュースを目にしたシイノは、転落死した26歳の女性が自分の友人・マリコであることを知り茫然自失。

死んだマリコに対して、自分にできることがないのかと考えた結果、シイノはある行動に出る。

 

■注目ポイント

マリコの実家から遺骨を盗み出したシイノは、強奪した遺骨を抱えて旅に出ます。

簡単に言えば上記の通りなのですが、そのストーリーの中には悲惨な過去を持つマリコの葛藤と友人を救えなかったシイノの思い、故人と生人の短い旅が圧倒的スピード感で展開される物語が見どころです。


■作者:平庫ワカ
■連載誌名:『COMIC BRIDGE online』(コミックブリッジオンライン)
■巻数:1巻(完結)
■連載開始日(終了日):2019年7月16日(2019年12月17日)
■公式サイト:https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_CB01201022010000_68/

 

3位『薔薇はシュラバで生まれる』

薔薇はシュラバで生まれるコミック表紙Amazon画像

 

『ガラスの仮面』を描いた美内すずえさん、『はだしっ子』シリーズを描いた三原順さんなど、70年代に活躍していた名漫画家たちのアシスタントを務めた笹生那実さんの漫画制作秘話が描かれたコミックエッセイ。

 

■あらすじ

美内すずえさんとの初対面、想像を絶する修羅場。才能溢れる若き漫画家たちのこだわりと努力。あの名作が誕生した秘話。

様々な場面で笹生那実さん自身が体験した若き日の先生たちと、アシスタントたちの血と汗と涙、そして喜びが詰まった青春時代が綴られている。

 

■注目ポイント

1970年代の漫画家とアシスタントの仕事内容や笹生那実さんが当時出会った人たちとのエピソードがよく分かる作品です。

企画から刊行まで約3年の歳月を費やした濃厚な内容、ビジュアルが多様化している今の時代でも読みやすいキレイな絵に注目。


■作者:笹生那実
■レーベル:『EAST PRESS COMICS』
■巻数:1巻(完結)
■発売日:2020年2月12日
■公式サイト:https://www.eastpress.co.jp/goods/detail/9784781618555

 

2位『後ハッピーマニア』

後ハッピーマニアコミックス表紙Amazon画像

 

土屋アンナさん主演で実写化された漫画『さくらん』や、菅野美穂さん主演で実写ドラマ化された漫画『働きマン』など、数々の人気作を生み出している安野モヨコさんの作品です。

1995年から2001年まで『FEEL YOUNG』にて連載していた大人気作品『ハッピーマニア』の第2弾です。

 

■あらすじ

 

幸せな生活を求めるハッピーマニア・シゲタカヨコ45歳。いろいろあった末に覚悟を決めてヤカハシと結婚したカヨコだったが……。

気づけば結婚生活十数年。専業主婦として生き、子どももなく、相棒は家で育てている「苔(コケ)」。

そんなカヨコに、ぞっこんだったはずの夫から突然の離婚懇願。夫は、カヨコよりも若い女性を好きになっていた……。

 

■注目ポイント

「怒涛」そんな言葉では言い表せないほど、怒涛の展開てんこ盛りだった前作。カヨコも年を取って落ち着いたかと思いきや、やっぱりピンチの連続。

「こんなトラブルが波状攻撃してくる人、現実にはいないでしょ!」と思う一方で、じっくり読むと40代専業主婦の実生活での不安や悩みを反映しており、妙に考えさせられてしまう部分も。さすがは共感性の高い漫画を生み出してきた安藤モヨコさんと言いたくなる作品。


■作者:安野モヨコ
■連載誌名:『FEEL YOUNG』
■巻数:2巻(既刊)
■連載開始日:2019年9月6日(連載中)
■公式サイト:https://www.shodensha.co.jp/gohappymania/

 

1位『女の園の星』

女の園の星コミックス表紙Amazon画像

 

「5位」にランクインしている『カラオケ行こ!』を描いた和山やまさんの作品。第24回「文化庁メディア芸術祭」にて「審査委員会推薦作品」に選ばれました。

ちなみに、この漫画が和山やまさんの商業誌初連載です。

 

■あらすじ

とある女子校。そこは先生たちと生徒たちが巻き起こすミクロな事件で溢れている。

2年4組を担任する星先生は、生徒たちが学級日誌に描く「絵しりとり」に翻弄され、さらには教室で犬のお世話……。そして、時には生徒たちから受ける進路相談へのアドバイス。職務終わりの同僚との飲み。

女子高教師の「な~んてことのない日常」を描いた学園コメディー。

 

■注目ポイント

この作品は、「日常生活」で起こるちょっとした“事件”を題材とし、面白おかしく描いた漫画。

一部の人間にしか分からないソリッドなギャグではなく、「こんなことあるよね~」という誰にでも分かりやすい日常で起こるギャグ展開を織り交ぜ、登場人物にギャップを作ることで面白さを際立出せた感じです。

シュールなストーリー展開が好きな方は、きっとハマると思います。


■作者:和山やま
■連載誌名:『FEEL YOUNG』
■巻数:2巻(既刊)
■連載開始日:2020年1月8日(連載中)
■公式サイト:https://www.shodensha.co.jp/onnanosononohoshi/

 

まとめ

ご紹介した『このマンガがすごい!』ランキングの中に、気になるマンガはありましたか?

6位にランクインしている『ミステリと言う勿れ』は、既に実写化の噂があるので、要チェックです。

TOP10作品はどれも面白いですし、お気に入りの作品や大賞作以外もぜひこの外出自粛期間に読んでみて下さい。

 

■『このマンガがすごい!』とは

宝島社が発行するランキング書籍『この映画がすごい!』の編集長を務めていた天野由衣子氏指揮のもと、様々なランキング書籍が刊行され、その内の一つとして2005年12月に発売。

書店員をはじめ、編集者、評論家、作家、学生、スポーツ選手、芸能人などを対象にアンケートを取り、ランク付け。各界のマンガ好きが作品を選んでいることいから、「面白さ」は保証されており毎年注目されている。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ