のん、監督・脚本・主演映画『Ribbon』が『第24回上海国際映画祭』に出品へ 中国版メインビジュアルも解禁

SPICE


2022年に公開予定の映画『Ribbon』が、『第24回上海国際映画祭』GALA部門に特別招待作品に選出され、公式出品されることが決定した。

映画『Ribbon』は、女優・のんが監督・脚本・主演をつとめる映画。コロナ禍で自身のフェスが中止を余儀なくされたのんが、芸術の優先順位について自問自答したことから生まれた企画。2019年のYouTube Original『おちをつけなんせ』に続くのん監督の2作目にして、初の劇場公開用長編作品だ。劇中では、卒業制作作品の発表の場を失った美大生が自らのアイデンティティを取り戻す姿が描かれる。特撮チームに、『シン・ゴジラ』監督・特技監督の樋口真嗣と准監督・特技統括の尾上克郎が参加し、のん発案による“リボンアートによる感情表現”も描き出されるという。


本作が出品される『上海国際映画祭』は1993年にスタートし、今年で24回目の開催を迎える、国際映画製作者連盟(仏パリ)の公認国際映画祭だ。世界12大映画祭の一つに数えられる、アジア最大規模の映画祭でもある。500作前後の映画が上映される中から、GALA部門に選出されるのは数作品。なお、『Ribbon』は同映画祭で初めて上映されるため、上海でワールドプレミアを迎える。のんは、上映前にビデオメッセージで登場予定とのこと。あわせて解禁されたメインビジュアルでは、大量のリボンを身にまとったのんが登場。衣装はのん自身が制作しており、リボンの色合いやバランスなど細部にまでこだわったそう。
映画『Ribbon』日本版メインビジュアル  (C)「Ribbon」フィルムパートナーズ
映画『Ribbon』日本版メインビジュアル (C)「Ribbon」フィルムパートナーズ

『Ribbon』は2022年公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ