仮面ライダー50周年×スーパー戦隊45作品記念『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』公開が決定 シリーズを超えた共闘へ

SPICE


映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が2021年7月22日(木・祝)に劇場公開されることが決定した。
「スーパーヒーロー戦記」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
「スーパーヒーロー戦記」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』は、仮面ライダー50周年とスーパー戦隊45作品を記念した、Wアニバーサリームービー。『仮面ライダー』シリーズは、1971年4月3日に放送を開始した第1作『仮面ライダー』から50年。『スーパー戦隊シリーズ』は1975年4月5日に放送を開始した第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』から『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作を数える。


『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』では、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーセイバー』と『機界戦隊ゼンカイジャー』がシリーズの垣根を超えて共闘。解禁された特報映像では、仮面ライダー50周年とスーパー戦隊45作品の記念ロゴとともに、37人の仮面ライダーと46人のスーパー戦隊たち総勢83人のヒーローたちが一堂に集結する様子が収められている。また、本作が「ヒーロー誕生の物語」であることも明らかになっている。

プロデュースを務めた白倉伸一郎氏からのコメントは以下の通り。

白倉伸一郎(プロデュース)


私たちに、ライダーやスーパー戦隊を「歴史」として語ることはできません。

当時の制作者たちが作ろうとしたのは、歴史という名の過去ではなく、未来だったから。

昨今、制作者たちが相次いで物故する悲しい知らせがつづきました。

その思いを語り継ぐのは、彼らを直接知る世代である私たちの責務です。

この映画は、ライダーと戦隊の「今」であるセイバー+ゼンカイジャーのお話。

であると同時に、かつての制作者たちが全身全霊でつむいだ「未来」の物語。

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』は2021年7月22日(木・祝)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ